@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天竜峡【てんりゅうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天竜峡
てんりゅうきょう
長野県南部,天竜川伊那山地を横断する地点に形成された峡谷。比高 100mにも達する花崗岩絶壁清流に森林美が加わる。特に JR飯田線天竜峡駅から近い姑射 (こや) 橋付近が観光の中心。天竜下りは高森町の市田駅近くから姑射橋付近までであるが,下流佐久間ダムができたため,急流下りのスリルは失われた。天竜奥三河国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんりゅう‐きょう〔‐ケフ〕【天竜峡】
長野県南部、天竜川中流の峡谷。断崖絶壁青松景勝地。舟下りが行われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんりゅうきょう【天竜峡】
長野県飯田市南部,天竜川中流の峡谷。飯田市時又(ときまた)付近から下流をいい,中心は国鉄飯田線天竜峡駅近くの姑射(こや)橋あたりで,花コウ岩の岩壁にアカマツ,ヤマツツジ,モミジなどの彩りが美しい。江戸時代から名勝として舟下りが楽しまれたが,現在でも高森町市田から天竜峡まで約20kmのコースがあり,別にここから下流の唐笠まで遊覧用の和船が運行している。【市川 健夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

天竜峡
てんりゅうきょう

長野県南部にある天竜川中流の峡谷。国指定名勝。天竜川が伊那盆地(いなぼんち)南部で伊那山地を侵食してつくった峡谷で、高さ60~80メートルの花崗(かこう)岩の断崖(だんがい)絶壁、龍角峰・烏帽(うぼう)石などと名づけられた奇岩、激流、絶壁にかかる青松の景観がある。天竜奥三河国定公園の一部。1847年(弘化4)に当地を来訪した岡山の漢学者阪谷朗盧(さかたにろうろ)が天竜峡と名づけた。弁天港から時又(ときまた)港まで約35分の天竜舟下りと、下流の天竜峡温泉港から唐笠(からかさ)港まで約50分の天竜ライン下りの二つの遊覧ルートがある。近隣の昼神温泉と一帯化した誘客宣伝により、人気の回復がみられる。峡谷に架かる姑射橋(こやきょう)は何回か付け替えられたが、橋上から見下ろす激流も名所の一つになっている。JR飯田(いいだ)線天竜峡駅下車。

[小林寛義]

『市川健夫著『天竜川』(1973・信濃路)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

天竜峡
(長野県飯田市)
信州の渓谷・滝百選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天竜峡
(長野県飯田市)
日本二十五勝」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天竜峡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天竜峡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation