@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天草版【アマクサバン】

デジタル大辞泉

あまくさ‐ばん【天草版】
16世紀末から、九州天草イエズス会が刊行した活字版の本。「伊曽保物語」「平家物語」などがある。天草本。→キリシタン版

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あまくさばん【天草版】
キリシタン版のうち九州の天草学林で出版されたもの。1592年(文禄1)から96年(慶長1)に至る。キリシタン版は最初1591年,肥前国の加津佐(かづさ)で出版されたが,まもなく印刷所は天草に移された。主としてローマ字版で,国字版は《ばうちずもの授けやう》(1593刊か)1種のみが天草版と推定される。1592年刊の《どちりなきりしたん》《ヒデスの導師》,《平家物語》(口訳)がもっとも早い刊行書である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あまくさばん【天草版】
キリシタン版の一。文禄・慶長(1592~1615)頃、イエズス会士が天草で印刷した活字版の本。ローマ字書きのものが多く、当時の口語資料として貴重。「伊曽保物語」「平家物語」など。天草本。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あまくさ‐ばん【天草版】
〘名〙 近世初期、イエズス会の人々によって、天正一八年(一五九〇)から慶長一九年(一六一四)までの間に熊本県天草島で出版された活字本。キリシタン版。「どちりなきりしたん」「平家物語」「伊曾保物語」「金句集」「羅葡日辞書」「羅典文典」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

天草版
あまくさばん
安土桃山時代から江戸初期にかけて出版された活字印刷本の一つ
キリシタン版ともいう。『伊曽保物語』『平家物語』『どちりな・きりしたん』『ぎあ・ど・ぺかどる』などが有名。多くはキリスト教教義書。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天草版
あまくさばん
キリシタン版」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天草版」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天草版の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation