@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天荊【てんけい】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

天荊 てんけい
?-? 織豊時代の僧。
京都妙心寺のであったが,右武衛殿(うぶえいどの)(九州探題渋川氏か)の命で,天正(てんしょう)5年(1577)と15年に修好のため朝鮮にわたる。文禄(ぶんろく)の役で小西行長にしたがい,朝鮮側に対する文書の作成にあたった。著作に「右武衛殿朝鮮渡海之雑藁(ざっこう)」,日記に「朝鮮国往還日記」「西征日記」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

天荊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天荊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation