@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天道【テンドウ】

デジタル大辞泉

てん‐どう〔‐ダウ〕【天道】
《「てんとう」とも》
自然に定まっている道理。天然自然の道理。天の道。天理。⇔地道
天の神。天帝。
天体が運行する道。
仏語。六道の一。欲界色界無色界総称天上界天界天趣

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てん‐とう〔‐タウ〕【天道】
太陽。「お天道さま」
てんどう(天道)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんどう【天道】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんとう【天道】
太陽。日輪。 お-さま
天の神。宇宙の万物を支配する神。てんどう。 → てんどう天道

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんどう【天道】
てんとうとも
天の道理。天理。天の道。 ⇔ 地道
天地を支配する神。天帝。天。 其時に-の許し有りて/今昔 24
天体の運行する道。天の運行。 人間の算術を以て-の行度を知る/中右記
太陽。 あくる日は-を黄色に拝む位なれど/滑稽本・世の中貧福論
六道の一つ。天人の住む世界。欲界・色界・無色界の天をいう。天趣。天界。 →

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天道
てんとう
天地神明を支配する天帝太陽日輪をいう。おてんとうさまともいう。また、「てんどう」と読んで、地自然の道理、天地を主宰する神をいい、天道説での天体の運行する道、軌跡をいう。仏教語では、六道、五道の一つである天上界、天界をいう。
 天の意のままに地上の人間が動かされているとする思想は古くからあり、それが江戸時代になって、庶民教化思想の心学などの流行に伴い、天の神を即物的に太陽に見立てて擬人化し、平易に説くことが盛んになった。その影響を受けて、小説や絵本類または演劇の世界でも擬人化された天道様が登場し、以来、直接太陽をさすか、あるいは漠然と万物造化の神をいうようになった。[棚橋正博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐どう ‥ダウ【天道】
〘名〙 (「てんとう」とも)
① 天地自然の道理。天の道。天理。
※懐風藻(751)大友皇子伝「臣聞、天道無親、惟善是輔」
※栄花(1028‐92頃)見はてぬ夢「何事も人やはする。ただ天道こそ行はせ給へ」 〔易経‐繋辞下〕
② 天地を主宰する神。天帝。上帝。また、その神の意思。天地間の万般を決定し、さからうことのできない絶対的な意思。
※菅家後集(903頃)雨夜「天道之運人、不一其平坦
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「貧しくて、我子の行先のおきてせずなりぬ。天道にまかせ奉る」
③ (一般に「てんとう」) 太陽。日輪。てんとうさま。
※波形本狂言・川上(室町末‐近世初)「扨(さて)久しぶりで天道(テントウ)をもおがみ、草木の色をも見る事ぢゃ」
④ 天体の運行する道。天。空。天空。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔老子‐四七〕
⑤ 天上界。
※花鏡(1424)舞声為根「天道は、舞歌の時節、不定あるまじければ」
⑥ 仏語。六道・五道の一つ。欲界六天と色界・無色界の総称。天上界。天界。
※往生要集(984‐985)大文一「第六明天道者。有三。一者欲界。二者色界。三者無色界」
⑦ (てんとう) 「てんとうぶね(天当船)」の略。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第五「春の川辺や天道の内 角のくら与市其時たつ霞」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てん‐とう ‥タウ【天道】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation