@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天野信景【あまの さだかげ】

美術人名辞典

天野信景
江戸中期の国学者、名古屋藩士。通称は治部・残翁、字は子顕、剃髪して信阿弥、白華翁。渡会氏に師事、国典に通ずる。享保18年(1733)歿、71才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あまの‐さだかげ【天野信景】
[1663~1733]江戸中期の国学者。尾張藩士。随筆に「塩尻」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

天野信景 あまの-さだかげ
1661/63-1733 江戸時代前期-中期の国学者。
寛文元/3年9月25日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。儒学,国学,仏教などに通じ,「尾張風土記」の編集に参加。正徳(しょうとく)5年に鉄砲頭となる。随筆「塩尻」が有名。享保(きょうほう)18年9月8日死去。71/73歳。字(あざな)は子顕。通称は権三郎,源蔵,治部。号は残翁,白華。法名は信阿弥。著作はほかに「神器授受伝」「神宮問集記」など。
【格言など】燃えつづくほのほのひまを住家にてやすからぬ身と知るやしらずや(江戸の火災による荒廃を詠んで。「塩尻拾遺」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あまのさだかげ【天野信景】
1663‐1733(寛文3‐享保18)
江戸中期の和学者。字は子顕,通称は治部,信阿弥陀仏,白華翁と号す。尾張に生まれ,尾張徳川家譜代の家臣。御先手鉄砲頭を命ぜられる。文武を兼備し,風流洒落にして博学多識,詩歌に心をよせる。1723年任を辞し,のち隠居剃髪。《尾張人物志》ほか著述に富み,随筆《塩尻》100巻はもと1000巻近くあったといわれる。学統を継ぐ者に河村秀穎河村秀根山本格安がいる。【宗政 五十緒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天野信景
あまのさだかげ
[生]寛文1(1661)/寛文3(1663).9.25. 尾張
[没]享保18(1733).9.8.
江戸時代中期の国学者。門下に河村秀根が出た。尾張徳川家に仕えた。著書塩尻』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

天野信景 (あまのさだかげ)
生年月日:1663年9月25日
江戸時代中期の国学者
1733年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あまの‐さだかげ【天野信景】
江戸前期の国学者。尾張藩士。号残翁。歴史、神道、文学、有職故実、博物、風俗に通じた博学者として知られ、実証的な立場で多くの著述を残した。「塩尻」「尾張国人物志」など。寛文三~享保一八年(一六六三‐一七三三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天野信景」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天野信景の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation