@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天鈿女命【アマノウズメノミコト】

デジタル大辞泉

あまのうずめ‐の‐みこと【天鈿女命/天宇受売命】
日本神話で、天照大神(あまてらすおおみかみ)天(あま)の岩屋に隠れた際、その前で踊り、大神を誘い出した女神天孫降臨五伴緒神(いつとものおのかみ)として従い、八衢(やちまた)にいた猿田彦神に道案内をさせた。猿女君(さるめのきみ)の祖神

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

天鈿女命 あめのうずめのみこと
記・にみえる神。
猿女君(さるめのきみ)の祖先神。天照大神(あまてらすおみかみ)が天の岩戸にこもったとき,おどって大神を岩戸からさそいだした。また天孫降臨の際,瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に五部神(いつとものおのかみ)の一神としてしたがい,途中猿田彦神(さるたひこのかみ)と問答をし,道案内をさせた。「古事記」では天宇受売命。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あめのうずめのみこと【天鈿女命】
日本神話にみえる神の名。記紀神話に登場する女神の名。神事の際,頭に挿す枝葉や花を〈うず〉といい,ウズメとはこれを挿した女,巫女の意であろう。この神は,天(あま)の岩屋戸の神話で,伏せた(おけ)の上でそれを踏み鳴らしつつ性器もあらわに神憑(かみがか)りして舞い狂い,天照大神(あまてらすおおかみ)を岩屋戸から引き出すことに成功した。この狂態はシャーマンのものであった。シャーマンは騒擾楽器の音とともに恍惚状態に入り,を霊界におもむかせ,そこで得てきた霊力をもって病める肉体や魂の治癒をはかる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

天鈿女命
あめのうずめのみこと
天岩戸(あめのいわと)神話のなかに出てくる女神。天岩戸にこもった天照大神(あまてらすおおみかみ)を引き出すために、胸乳をかき出し、裳(も)の紐(ひも)を陰部まで押し下げて踊った(『古事記』)。また、天孫降臨の際、先導した猿田彦(さるたひこ)神に対しても、同じようなポーズで向かい合っている(『日本書紀』)。しばしば性的なしぐさを演じるのだが、これは、この神を祖神とする猿女君(さるめのきみ)のつかさどった鎮魂祭と関係がある。前者は、この鎮魂祭を基盤にし、衰弱した太陽神に、性の生成力によって、活力を与えているものであり、後者の場合は、他界にいる邪悪なるものを、性の生成力によって打ち破ろうとしているのである。いずれも性的儀礼である。[守屋俊彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あまのうずめ‐の‐みこと【天鈿女命】
記紀などに見える神。猿女(さるめ)氏の祖神。天照大神が天の岩屋戸に隠れた時、岩屋戸の前で踊った女神。天孫降臨の際、天の八衢(やちまた)に立っていた猿田彦神を懐柔して、道案内をさせた。鈿女。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天鈿女命」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天鈿女命の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation