@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天領【てんりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天領
てんりょう
江戸幕府直轄領幕府領幕領)の俗称。御料所ともいう。江戸時代の全国の土地は,皇室領寺社領大名領旗本知行所(→知行所),幕府直轄領に分かれていた。そのうち幕府直轄領は約 400万石を占め,全体の 15.8%に相当した。田畑だけでなく全国の主要な鉱山港湾,交通・商業の重要地点が編入されており,鉱山では佐渡生野などが代表的な例である(→生野銀山佐渡鉱山)。全国 68ヵ国中 47ヵ国に置かれ,幕府の主要な財源となった。江戸幕府の場合は豊臣氏の太閤蔵入地ほど多くはなかった。他の大名領に比較して年貢率も低いのが特色で,勘定奉行の指揮下にある郡代代官が支配した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てん‐りょう〔‐リヤウ〕【天領】
天皇朝廷直轄の領地
江戸幕府直轄の領地。幕府の経済的基盤をなすもので、重要地には奉行郡代代官を置いた。幕領。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

てんりょう【天領】
岐阜の日本酒。酒名は、飛騨が幕府直轄地「天領」だったことにちなみ命名。大吟醸酒「天禄拝領」「天のしずく」「吟」、純米吟醸酒杜氏の持ち帰り酒」、純米酒「飛切り」、本醸造酒「喜金」などがある。平成3、12、15、18~21、23、24年度全国新酒鑑評会金賞受賞。原料米はひだほまれ山田錦。仕込み水は位山の伏流水蔵元の「天領酒造」は延宝8年(1680)創業。所在地は下呂市萩原町萩原。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

天領(てんりょう)
岐阜県、天領酒造株式会社の製造する日本酒。平成21、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんりょう【天領】
江戸幕府直轄地(幕領)の俗称。江戸時代には御料所もしくは御領と呼んだ。1603年(慶長8)に開かれた江戸幕府は,徳川氏の蔵入地(くらいりち)を引き継いで直轄領を形成し,慶長(1596‐1615)末年には200万石程度であったが,諸大名改易転封を通じて拡大し,元禄(1688‐1704)末年には400万石を超えた。その後1744年(延享1)に461万石に達して江戸時代のピークを記録したが,やがて漸減に向かい1838年(天保9)には419万石であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんりょう【天領】
江戸幕府の直轄領。幕府の重要な経済的基盤であり、元禄年間(1688~1704)には四百万石に達した。全国に分布し、郡代・代官を配置し支配させた。 ⇔ 私領
天皇・朝廷の領地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天領
てんりょう
江戸幕府の直轄領の俗称。天領とは本来、朝廷(天皇)の直轄領のことを称したが、明治維新の際、旧幕府領の大半が明治政府の直轄県つまり天皇の直轄領になったともみられたことから、さかのぼって幕府直轄領を天領とよぶようになった。正式には御料(御領)、御料所、公領、公儀御料所と称した。天領は、徳川氏の蔵入地(くらいりち)が関ヶ原の戦いを経て1603年(慶長8)の幕府開設後に拡大され、慶長(けいちょう)末年には約230万石に達し、元禄(げんろく)年間(1688~1704)には約400万石となり、全国68か国のうち47か国内に分布した。
 天領は、大名・旗本の改易や転封・知行替(ちぎょうが)え、創設のためあてられたので、総石高(こくだか)は固定化されていなかったが、1744年(延享1)の総石高463万石、年貢高180万石を最高に、以後減少の傾向がみられた。分布状況は関東・東海・畿内(きない)を中心に北国・奥羽に多く、とくに政治・財政・交通・軍事上の要地に設けられ、年貢の基幹をなした米や商品作物の生産地域、都市・港湾や鉱山・山林地帯に重点的に分布していた。1730年(享保15)には、天領のうち郡代・代官支配地360万石、大名預所(あずかりしょ)74万石、遠国奉行(おんごくぶぎょう)支配地13万石に分けられていた。各天領の年貢米や金銀は江戸・大坂に集められ、勘定所(かんじょうしょ)の管轄下に置かれ、幕府財政の重要な基盤になった。[村上 直]
『村上直著『天領』(1965・人物往来社) ▽同「江戸幕府直轄領の地域的分布について」(『法政史学』25所収・1973・法政大学) ▽同「近世後期、幕府直轄領の地域的分布について」(『法政史学』34所収・1982・法政大学)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐りょう ‥リャウ【天領】
〘名〙
① 天皇・朝廷直轄の領地。
② 江戸時代、徳川幕府直轄の領地。一般には、御料所、公領といった。地方は郡代・代官、町地は町奉行、佐渡金山などは佐渡奉行が支配した。諸大名や旗本に支配を委任した領地は、御預け地といった。〔和英語林集成(再版)(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

天領
てんりょう
江戸幕府の直轄地
御料所ともいう。もと100万石余であったが,関ケ原戦い(1600)後,大名の改易や減封などによって元禄年間(1688〜1704)には400万石余に増加し,旗本知行地300万石を加えれば全国の約4分の1になった。政治・経済上の要地をしめ,幕府は奉行や郡代・代官を置いて支配し,勘定奉行がこれを統轄した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天領」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天領の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation