@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天養【テンヨウ】

デジタル大辞泉

てんよう〔テンヤウ〕【天養】
平安後期、近衛天皇の時の年号。1144年2月23日~1145年7月22日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんよう【天養】
年号(1144.2.23~1145.7.22)。康治の後、久安の前。近衛天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

てんよう【天養】
日本の元号(年号)。平安時代の1144年から1145年まで、近衛(このえ)天皇の代の元号。前元号は康治(こうじ)。次元号は久安(きゅうあん)。1144年(康治3)2月23日改元。1144年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年とされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。天養年間は鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんよう テンヤウ【天養】
平安時代、近衛天皇の代の年号。康治三年(一一四四)二月二三日に革命の歳(甲子の歳)にあたるため改元、天養二年(一一四五)七月二二日に久安元年となる。摂政は藤原忠通。出典は「後漢書」の「此天之意也、人之慶也、仁之本也、倹之要也、焉有天養人、為仁為倹、而不福者乎」による。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天養」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天養の関連情報

関連キーワード

ルキウス2世ねんきん定期便色葉字類抄奥義抄覚鑁康治平忠度ねんきんダイヤルいちき串木野[市]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation