@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太原【タイゲン】

デジタル大辞泉

たいげん【太原】
中国、山西省省都黄河支流汾河(ふんが)の東岸にあり、製鉄機械工業が盛ん。代に建造された正方形城壁が残る。人口、行政区256万(2000)。タイユワン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいげん【太原 Tài yuán】
中国,華北地区,山西省の省都。省の中央部にあり,汾河に沿う。太原盆地の北端にあたり,同蒲(大同~孟塬),石太(石家荘~太原),太新(太原~新郷)などの鉄道の交点にあたる,山西省の政治,経済,文化,交通の中心。陽曲,清徐,婁煩の3県を管轄する。旧石器時代中期以来仰韶(ぎようしよう)・竜山期の遺跡もあり,陶唐氏(帝尭)の拠点だったという伝説もある。戦国時代になるとは荘襄王4年(前246)太原郡を置き,晋陽(今の太原市南西晋源鎮)を郡治とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

太原
たいげん / タイユワン

中国、山西(さんせい)省中央部にある地級市で、同省の省都。汾河(ふんが)の中流、太原盆地の北部に位置する。6市轄区と陽曲(ようきょく)、清徐(せいじょ)、婁煩(ろうはん)の3県を管轄し、1県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口369万7000(2014)。秦(しん)代に太原郡が置かれ、漢代には并州(へいしゅう)も加えられ、以後この両地名でよばれた。太原郡府の治所はかつての陽曲県に置かれ、陽曲県を一般に太原と称していたが、太原の名をもつ県は別に陽曲県の南西(現在、晋祠(しんし)のある付近)にあった。また、いまの陽曲県は新しく設けられた県である。

 太原盆地は汾河の中流にあって四周を山地に囲まれて孤立してはいるが、南は汾河を経て黄河(こうが)流域でもっとも古く文明の発達した関中(かんちゅう)、中原(ちゅうげん)の地へ通じ、北は長城線に近接し、東は太行(たいこう)山脈を越えて華北平原に進出できるという位置にある。このため華北平原から黄河中流域にかけてもっとも政治地理的に重要な地域の一つであった。西周初め、成王の弟叔虞(しゅくぐ)がここに封ぜられ晋(しん)国を建て、東の斉(せい)(現在の山東省)とともに周室を補佐した。その後、北方に戦乱があるときには、しばしば中央に対する反対勢力の拠点ともなった。近代においても軍閥閻錫山(えんしゃくざん)の「山西モンロー主義」は有名である。

 農業は、寒冷な気候ながら太原盆地の平坦(へいたん)な地形と肥沃な土壌を有し、汾河の分流を利用した灌漑(かんがい)も行われ、古代から重要な生産地とされてきた。山地を利用した牧畜業も発達している。また古くから商業が発達し、盆地南部の汾陽(ふんよう)とともに山西商人を輩出した地域であった。工業は中華人民共和国成立前には小規模な軽工業しか存在しなかったが、現在は省内の豊富な資源を利用する重工業がこれに加わり、工業都市として発達している。石太線(石家荘(せきかそう)―太原)、太焦線(太原―焦作(しょうさく))、太中銀線(太原―中衛(ちゅうえい)―銀川(ぎんせん))、同蒲(どうほ)線(大同(だいどう)―華山(かざん))など、鉄道が東西南北へ通じているほか、市南東部の太原武宿国際空港からは国内外の各都市への航空路も開かれており、交通上でも省の中心となっている。

 市の周囲には名勝・旧跡が多い。天竜山石窟(てんりゅうざんせっくつ)は北朝期から開削されたもので、大同市雲崗(うんこう)のそれに匹敵する価値をもつ。そのほか開化寺、大仏寺など北朝仏教の足跡を残す寺院も多い。晋祠は周代の叔虞を祠(まつ)ったもので、聖母殿をはじめ各代の多くの建造物が残り、地域第一の名所となっている。

[秋山元秀・編集部 2017年10月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいげん【太原】
中国、山西省の省都。省中央部、黄河の支流汾河(ふんが)の左岸に位置する。春秋時代から晉陽として知られた。陽泉の石炭・鉄を用いて、製鉄・機械工業がさかん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

太原
たいげん
Tàiyuán
中国山西省中部にある同省の省都
戦国時代の (ちよう) の国都で,秦以後太原郡,後 (ごかん) 以後幷州 (へいしゆう) の治所。唐では王業創始の地として重んじたが,宋はここに都した北漢を滅ぼすと徹底的に破壊し,新たに今の太原を建設。現在は製鉄・機械工業が盛ん。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation