@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太地の鯨【たいじのくじら】

事典 日本の地域ブランド・名産品

太地の鯨[水産]
たいじのくじら
近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
東牟婁郡太地町で水揚げされている。太地は古式捕鯨発祥の地として名高い。江戸時代初期の1606(慶長11)年、和田頼元が太地浦で捕を始めたという。その後、網取り法が考案されて太地の捕鯨は飛躍的に発展した。明治時代には西洋式捕鯨法が導入された。現在は、古式捕鯨の伝統を受け継ぎながら、近海でIWC管理対象外のツチクジラ・ゴンドウクジラなどの小型捕鯨が続けられている。太地町では鯨を中心とした町づくりがおこなわれている。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太地の鯨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太地の鯨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation