@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太夫【たゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

太夫
たゆう
芸能人および遊女に対する称号または敬称。本来は朝廷の五位の通称であったが,古代この位の者が儀式や芸能を司ったことから,神事や祭りの司会者をいい,さらに神職をさすようになった。猿楽でも太夫という名称が用いられたのは神事に奉仕するという意であったし,能でも江戸時代には敬称の意を含めて喜多流以外の観世,金春,宝生金剛の4座の家元を太夫と称した。浄瑠璃およびその系統の富本,常磐津,清元,新内の語り手を太夫といい,名前にも掾 (じょう) 号以外は何々太夫と名のる。ただし最近では文楽の太夫は「太」の字を用いず「大夫」と書く。歌舞伎では女方の最高位の者を太夫と敬称し,また芝居興行の責任者を太夫元という。近世後期には門付 (かどづけ) 芸や見世物の芸人も太夫と呼ばれる。また最高級の遊女にも太夫が用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たゆう【太夫】
遊女の最高位を示す階級名。京都島原で使い始めたといわれ,大坂新町,江戸吉原,長崎丸山などの大遊郭には太夫の遊女がいた。官位名たる太夫がなぜ遊女に用いられるようになったかについては,初期女歌舞伎と遊女との関係から芸能者の称号が流用されたとか,その他諸説があるが確定できない。太夫は,容色が美しいだけでなく,芸能,文学,遊戯,茶道などの広い範囲にわたる高い教養を備えることを要求された。このため,かむろ(禿)の時代から厳重に仕込まれ,新造(または引舟(ひきふね)),天神順次に昇進するうちに選びぬかれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たゆう【太夫】
一部芸能者の称号。大夫とも書く。元来は中国における五位にならって,日本でも五位の官人が芸能・儀式をとりしきるならわしが古代にあった。五節舞(ごせちのまい)や踏歌(とうか)の舞妓を率いる役を〈楽前(がくぜん)の大夫〉と称し,太でなく大の字を用いた。さらに神事をつかさどる者を宮太夫・太夫様と呼んだところから,伊勢神宮諸国御師おし)をも太夫と称し,獅子舞などの神楽芸をおこなう者も太夫号を用いることとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

太夫
たゆう
ある種の芸能人、神職、遊女などの称号または敬称。大夫とも書く。元来は中国の官制に倣った官位の一種で、五位の称である。古代に、五位の者が儀式およびそれに伴う芸能をつかさどったことから、転じて、神事芸能を奉仕する神職や芸能人の称となった。神事舞太夫、猿楽(さるがく)の太夫、幸若(こうわか)・説経・義太夫節などの語り手、常磐津(ときわず)・富本(とみもと)・清元(きよもと)・新内(しんない)など豊後浄瑠璃(ぶんごじょうるり)の語り手、さらに歌舞伎(かぶき)の女方(おんながた)や大道芸人(万歳(まんざい)・猿回し・鳥追い・軽業(かるわざ)・放下(ほうか)師など)にも太夫の称を名のる者があった。
 歌舞伎の立女方(たておやま)を太夫というのは、初期の遊女歌舞伎のスターが、先行の幸若舞太夫や女猿楽の太夫から引き継いだ称と考えられるが、これと遊女を太夫とよぶこととの影響関係ははっきりしない。また、初期の座元(本)は俳優たる太夫たちをまとめる役だったことから太夫元とよばれて尊敬され、その子供は若太夫の名で特別に扱われた。[服部幸雄]
 太夫は、近世の遊廓(ゆうかく)において遊女の最上の階級名として使われた。名のおこりは、女歌舞伎(かぶき)の称号を起源とすれば慶長(けいちょう)期(1596~1615)となるが、太夫の官位名を使った理由とともに詳細は不明。上職(じょうしょく)、松(まつ)の位(くらい)ともいう。太夫は容色に優れているほか、芸能、文学、遊戯、茶道などの教養を積み、理想的な女性として仕立てられた。禿(かむろ)の修業を経た「禿立(だ)ち」を最良としたが、時代とともに質は低下した。太夫は京、大坂、江戸、長崎などの大遊廓のみにおり、遊興には揚屋(あげや)を利用する規則であった。なお、江戸・新吉原では太夫の名は宝暦(ほうれき)(1751~64)ごろに絶えた。[原島陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太夫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation