@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太安万侶【オオノヤスマロ】

デジタル大辞泉

おお‐の‐やすまろ〔おほ‐〕【太安万侶/太安麻呂】
[?~723]奈良前期の文人民部卿稗田阿礼(ひえだのあれ)が誦習した旧辞録して、3巻からなる古事記を完成させた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

太安万侶
古事記の編者。奈良時代の文官で、父は壬申の乱で功績のあった多品治(おおのほんち)とされる。1979年1月、奈良市此瀬町の茶畑が見つかり、埋葬されていた墓誌から平城京左京四条四坊に住み、官位は従四位下勲五等、命日は7月6日とわかった。出土した遺骨は近くの寺に供養されたが、今年7月、かつて安万侶の墓との伝承があった多神社近くのに分骨を納める計画が進む。
(2012-04-28 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

旺文社日本史事典 三訂版

太安万侶
おおのやすまろ
?〜723
奈良時代の官人・文人。『古事記』の撰録者
名は「安麻呂」とも書く。稗田阿礼 (ひえだのあれ) が誦んだ『帝紀』『旧辞 (きゆうじ) 』を,711年元明天皇の勅命で筆録し,翌712年『古事記』を完成。舎人 (とねり) 親王総裁とする『日本書紀』の撰修にも活躍した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太安万侶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太安万侶の関連情報

関連キーワード

社債権者集会日本の医学史(年表)県内の耕作放棄地前橋空襲遮断機のない踏切共析鋼三世一身の法施薬院悲田院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation