@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太安麻呂【おおのやすまろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

太安麻呂
おおのやすまろ
[生]?
[没]養老7(723).7.7. 奈良
古代の律令官人。民部卿。安万侶とも書く。壬申の乱に功のあった多臣品治 (ほむじ) の子という。慶雲1 (704) 年従五位下。和銅4 (711) 年正五位上。同年元明天皇の詔により,舎人稗田阿礼習した帝皇日継,先代旧辞を撰録し,翌年古事記』3巻として献上した。その序文は彼の作である。霊亀1 (715) 年従四位下。同2年氏長。養老4 (720) 年舎人親王らとともに『日本書紀』を編纂したという。 1979年奈良市で出土した墓誌が現存する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

太安麻呂 おおの-やすまろ
?-723 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
多品治(おおの-ほむち)の子とつたえられる。和銅4年元明天皇の詔により稗田阿礼(ひえだの-あれ)の口誦(こうしょう)する帝紀や旧辞を「古事記」にまとめた。また「日本書紀」の編修にも参加したという。民部卿となり,霊亀(れいき)2年氏長(うじのおさ)。昭和54年奈良市此瀬(このせ)町から墓誌が出土,養老7年7月6日死去と判明。名は安万侶ともかく。
【格言など】已(すで)に訓に因(よ)りて述べたるは,詞(ことば)心に逮(およ)ばず。全く音をもちて連ねたるは,事の趣き更に長し(「古事記序」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおのやすまろ【太安麻呂】
?‐723(養老7)
奈良初期の官人。《古事記》の編纂者(かばね)は朝臣(あそみ)。安万侶とも記す。壬申の乱に天武天皇側で活躍した武将多品治(おおのほむじ)の子という伝えもある。《続日本紀》によれば,704年(慶雲1)従五位下,711年(和銅4)正五位上,715年(霊亀1)従四位下に叙せられ,翌年氏長となった。したときには民部卿であった。この間711年9月,元明天皇に従って《古事記》の録に着手,翌年1月に献上した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

太安麻呂
おおのやすまろ
(?―723)

『古事記』や「墓誌銘」に安万侶と記す。壬申(じんしん)の乱の功臣品治(ほむじ)の子。704年(慶雲1)従(じゅ)五位下、711年(和銅4)正五位上、同年9月元明(げんめい)女帝の命により稗田阿礼(ひえだのあれ)の誦習(しょうしゅう)する勅語旧辞(ちょくごのくじ)を筆録し、翌年正月献上。これが『古事記』(3巻)である。『弘仁(こうにん)私記』序に『日本書紀』編者の一人とあるが確かでない。715年(霊亀1)従四位下、翌年氏長(うじのかみ)(氏上)となる。養老(ようろう)7年7月7日没(墓誌では7月6日没)。ときに従四位下勲五等民部卿(みんぶきょう)。1979年(昭和54)奈良市此瀬(このせ)町の茶畑から安麻呂の墓が発見され、墓誌が出土した。

[黛 弘道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太安麻呂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太安麻呂の関連情報

関連キーワード

太安万侶社債権者集会日本の医学史(年表)県内の耕作放棄地前橋空襲遮断機のない踏切太安万侶共析鋼三世一身の法施薬院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation