@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太宰治【だざいおさむ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

太宰治
だざいおさむ
[生]1909.6.19. 青森,金木
[没]1948.6.13. 東京,三鷹
小説家。本名,津島修治。 1930年東京大学仏文科に入学,中退。井伏鱒二に師事。在学中共産主義運動の非合法活動に関連し,脱落後自殺未遂。 35年『逆行』『道化の華』『ダス・ゲマイネ』を発表して認められ,創作集『晩年』 (1936) ,『虚構の彷徨』 (37) ,『二十世紀旗手』 (37) を経て『駈込み訴へ』 (40) ,『走れメロス』 (40) などにより作家としての地位を確立。第2次世界大戦後は『トカトントン』 (47) ,『ヴィヨンの妻』 (47) ,『斜陽』『人間失格』など自意識崩壊の告白を綴って流行作家となった。典型的な自己破滅型の私小説作家であった。玉川上水で遺体が発見された6月 19日を命日桜桃忌が営まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だざい‐おさむ〔‐をさむ〕【太宰治】
[1909~1948]小説家。青森の生まれ。本名、津島修治。井伏鱒二師事。自虐的、反俗的な作品を多く発表。玉川上水で入水自殺。作「津軽」「斜陽」「人間失格」など。→桜桃忌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

太宰治 だざい-おさむ
1909-1948 昭和時代の小説家。
明治42年6月19日生まれ。井伏鱒二(ますじ)に師事。左翼活動での挫折のあと「海豹(かいひょう)」「日本浪曼(ろうまん)派」に作品を発表,昭和10年「逆行」が芥川賞候補となる。戦後は無頼派とよばれ,「ヴィヨンの妻」「斜陽」などで流行作家となる。昭和23年6月13日玉川上水で入水自殺した。40歳。青森県出身。東京帝大中退。本名は津島修治。作品はほかに「走れメロス」「人間失格」など。
格言など】富士には,月見草がよく似合う

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

だざいおさむ【太宰治】
1909‐48(明治42‐昭和23)
小説家。本名津島修治。青森県生れ。東京帝大仏文科中退。津軽屈指の大地主の六男として生まれたことが,この作家の生涯と芸術に決定的な影響を与えた。中学時代から文学に親しみ,旧制弘前高校に入って左翼思想に接し,大地主の子であることに屈折した罪意識を抱くようになった。1930年に東京帝大仏文科に進み,井伏鱒二に師事する。この年から非合法運動に関係するようになった。同年,青森の芸妓小山初代と結婚するが,その直前にバーの女給と心中をはかり女だけが死んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

太宰治
だざいおさむ
(1909―1948)

小説家。本名津島修治(しゅうじ)。明治42年6月19日、青森県北津軽郡金木(かなぎ)村(現、五所川原(ごしょがわら)市)に生まれる。津島家は新興地主で、貴族院多額納税議員の資格があった。青森中学、弘前(ひろさき)高校を経て東京帝国大学仏文科中退。中学時代から同人雑誌を刊行。芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)の影響から出発したが、高校時代は当時の左翼文学にも関心を示した。1930年(昭和5)上京後、非合法運動にカンパするなどのかかわりをもったことから長兄文治(ぶんじ)に分家除籍され、バーの女給と江の島近くの小動ヶ崎(こゆるぎがさき)で心中を図り、女は死亡。自殺幇助(ほうじょ)罪に問われたが起訴猶予となる。弘高時代からのなじみの芸妓(げいぎ)小山初代(おやまはつよ)と同棲(どうせい)後も習作を続けるかたわら、非合法運動にアジト提供などで関係していた。1932年、兄の勧めで青森警察署に自首、左翼との関係を絶つ。同人誌『海豹(かいひょう)』に『魚服記(ぎょふくき)』『思ひ出』(ともに1933)を発表して注目され始める。上京直後から井伏鱒二(いぶせますじ)に師事し、やがて佐藤春夫にも庇護(ひご)を受ける。

 1935年大学卒業の見込みのないまま都(みやこ)新聞社(『東京新聞』の前身)の入社試験を受けて失敗、鎌倉の山中で縊死(いし)を図る。その後まもなく虫垂炎から腹膜炎を併発、一時重態となり、治療中に鎮痛剤パビナールを多用して中毒となる。この間に第1回芥川賞の候補となるが落選。翌年に同賞の選考委員であった佐藤春夫へ向けて「芥川賞をもらへば、私は人の情に泣くでせう。さうして、どんな苦しみとも戦つて、生きて行けます。」という書簡を送った話は有名である。第一創作集『晩年』(1936)に収められたこの時期の作品は、さまざまな小説作法を試みて多彩である。『道化の華』(1935)など、自我解体期の作家の苦悩を表現する文体を模索した。パビナール中毒根治のため精神科病院に入院中に初代が過失を犯し、やがて離別。1939年石原美知子と結婚し『富岳百景』を発表したころから、いわゆる中期の安定期に入る。短編集『女生徒』で北村透谷(とうこく)賞を受賞。戦中の作品は、『駆込(かけこ)み訴(うった)へ』(1940)、『新ハムレット』(1941)、『津軽』(1944)、『新釈諸国噺(ばなし)』『お伽草紙(とぎぞうし)』(ともに1945)などで、古典その他に材を得たものが多く、純文学の孤塁を守った。

 故郷津軽で敗戦を迎え、『パンドラの匣(はこ)』(1945)、『冬の花火』『春の枯葉』(ともに1946)などで、時局便乗の自由思想に反発し、真の人間革命を望んだ。上京後ジャーナリズムの脚光を浴び、『ヴィヨンの妻』『斜陽』(1947)、『人間失格』(1948)を書いて無頼派などとよばれた。昭和23年6月13日、山崎富栄(とみえ)と玉川上水に投身自殺する。

 生家は旅館「斜陽館」として残されていたが、のちに金木町(現、五所川原市)が買い取り、1998年(平成10)に太宰治記念館「斜陽館」として開館した。

[鳥居邦朗]

『『太宰治全集』全12巻(1978~1979・筑摩書房)』『奥野健男著『太宰治論』(1956・近代生活社、のち角川文庫)』『饗庭孝男編『鑑賞日本現代文学21 太宰治』(1981・角川書店)』『相馬正一著『評伝太宰治』全3巻(1982~1985・筑摩書房)』『檀一雄著『小説太宰治』(1992・審美社)』『津島美知子著『回想の太宰治』増補改訂版(1997・人文書院)』『野原一夫著『太宰治生涯と文学』(ちくま文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だざい‐おさむ【太宰治】
小説家。本名津島修治。青森県出身。左翼運動からの離脱、自殺未遂などから終生罪の意識を持つ。第二次大戦中は「走れメロス」「富嶽百景」「右大臣実朝」などを精力的に書く。戦後は傷つきやすい自我を作品化した。玉川上水で情死。代表作「ヴィヨンの妻」「斜陽」「人間失格」など。明治四二~昭和二三年(一九〇九‐四八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太宰治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太宰治の関連情報

関連キーワード

牧野省三[各個指定]工芸技術部門シェーンベルク伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世父の日

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation