@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太玄経【たいげんきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

太玄経
たいげんきょう
Tai-xuan-jing
中国,前の思想家揚雄著書。『易 (周易) 』を改修して,一層精密な人間の運命を予言する書としようとしたもの。人間の諸現象は,『老子』の唱える「 () 」を根源とし,天・地・人を本要因とし,その組合せでとらえられるとして,その組合せの 81首の図式をつくり,さらに各首にその現象の終始の展開を象徴する9賛をつけている。全部で 729賛が日々昼夜の人事の展開をことごとく示しているとする。揚雄の苦心自負の作で,推尊した学者もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいげんきょう〔タイゲンキヤウ〕【太玄経】
中国、漢代の哲学書。10巻。揚雄撰。老荘思想を取り入れ、易占を社会情勢に応じた合理的なものにしようとしたもので、易の陰陽二元論の代わりに、・中・三元をもって宇宙万物を説明した。太玄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいげんきょう【太玄経 Tài xuán jīng】
中国,前漢の揚雄が《易経》にまねてつくった占いの書。易の六十四卦にたいして八十一首,六爻(ろつこう)にたいして九賛を設けるといったたぐいで,暦学,天文学,陰陽五行説などと結合した漢代易学の成果を吸収しつつ,《老子》に由来する〈〉に根本原理をもとめた。天地人の象徴である を基本とするのも,〈一は二を生じ,二は三を生じ,三は万物を生ず〉という《老子》の考えかたにもとづく。【吉川 忠夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいげんきょう【太玄経】
中国の術数書。前漢の揚雄の撰。一〇巻。成立年代未詳。陰陽の二元の代わりに始・中・終の三元で宇宙万物の根源を論じる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいげんきょう ‥キャウ【太玄経】
中国の術数書。一〇巻。前漢の揚雄(ようゆう)撰。宇宙本体の万物への展開を象徴的な符号と辞句で表現。「易経」に老荘思想を取り入れ、易占を当時の社会情勢に適合させ合理的にしようとしたもので、陰陽二元論に代わり始・中・終の三元を基にする。太玄。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太玄経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太玄経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation