@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太腹【フトバラ】

デジタル大辞泉

ふと‐ばら【太腹】
[名・形動]《「ふとはら」とも》
太った腹。また、馬などの腹の、ふくらんで垂れた部分。
ふとっぱら2」に同じ。「太腹な(の)上司

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふとばら【太腹】
名 ・形動 [文] ナリ 
ふとはらとも
ふとっぱらに同じ。 中将は所謂いわゆる喜怒容易に色に形あらはれぬ-の人なれば/不如帰 蘆花
肥え太った腹。また、腹のふくらんで垂れた部分。馬についていうことが多い。 馬の-前膝はらりはらりと切りつけ/義経記 8

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふとっ‐ぱら【太腹】
〘名〙 (形動) (「ふとはら」の変化した語)
① 肥大した腹。ふとった腹。また、そのさまやその人。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉銀座繁昌記「後に稲田が太っ腹を抱へての憶出の笑ひ咄」
② 大胆なこと。ずぶといこと。また、そのさまやその人。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)五立「哥詠み面のふとっぱら」
③ 度量の大きいこと。小さな事にこだわらず、心の広いこと。また、そのさまやその人。ふとばら。
※洒落本・大門雛形(1789‐1801)三「思ひのほかふとっはらの女郎なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふと‐ばら【太腹】
〘名〙 (「ふとはら」とも)
① 肥え太った腹。また、腹のふくらんでたれた部分。多く、馬についていう。
※今昔(1120頃か)二五「此の海には、〈略〉深さ馬の太腹になむ立つなる」
② (形動) 物に動じないで、度量の広いこと。また、そのさまや人。ふとっぱら。
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉上「中将は所謂喜怒容易に色に形はれぬ太腹(フトバラ)の人なれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太腹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太腹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation