@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太陽コンパス【たいようコンパス】

大辞林 第三版

たいようコンパス【太陽コンパス】
動物が、体内時計に基づいた時刻の感覚と太陽の位置から、一定の方位を知り、定位する場合、太陽をコンパスに見たてていう。鳥の渡り、伝書バトの帰巣、ミツバチのダンスはこれを用いている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいようコンパス【太陽コンパス solar compass】
動物がある時点の太陽の位置を基準として,体内の生物時計にもとづく時刻感覚により,太陽の動きを補正して一定の方位を知ることをいう。 多くの動物がどのようにしての位置を知るのか,渡り鳥はどのようにして適切な時季に正しい方角を目ざして飛べるのかというのは古くからのであったが,その定位手段として太陽を用いていることが,近年いくつかの実験によって明らかにされた。いわゆる渡り鳥はで飼われても,渡りの時になると〈渡りのいらだち〉を示す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

太陽コンパス
たいようこんぱす
solar compasssun compass
動物が移動するとき、見かけの太陽の位置を基準にして定位orientationする能力を示す場合、太陽が移動方向を教えるコンパスの役目を果たしているので、太陽コンパスまたは光羅針盤(ひかりらしんばん)とよぶ。刺激源(太陽)に対してつねに一定の角度を保って定位する保留走性menotaxisの一つである。
 鳥の渡りや伝書バトの遠距離からの帰巣の際には、体内時計による時刻の感覚とその時刻の太陽の位置から知った太陽の運行軌道の最高点(正午の位置)に対して、一定の角度を保ちながら飛行する。夜の渡り鳥は、昼間みた太陽の位置から体内時計と組み合わせて渡りの方向を判定する。鳥は偏光を利用しないが、昆虫類では天空の偏光を検知して定位する。巣に帰るアリは太陽と直角の方向をとって歩く。ミツバチが餌場(えさば)を仲間に知らせる場合、餌場に向かって飛んだときの太陽との角度を記憶していて、巣の垂直面では重力の方向を太陽の方向に読み替え、それに対する尻(しり)振りダンスの直線部分の方向を餌場の方向として示す。また、魚類にも太陽コンパスを用いて回遊する航海術が知られている。[東 幹夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太陽コンパス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太陽コンパスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation