@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太鼓を打つ【たいこをうつ】

精選版 日本国語大辞典

たいこ【太鼓】 を 打(う)
① 他人のいうことに調子を合わせる。相手の取り持ちをしてきげんをとる。迎合する。また、座興をとりもつ。太鼓を叩く。太鼓を持つ。
※浄瑠璃・太平記菊水之巻(1759)道行「サア太夫様御出と、奴がたいこ打(ウチ)和らぎ、皆々奥へ入給ふ」
② 馬が発情して陰茎で自分の腹を打つ。
※咄本・露新軽口ばなし(1698)三「あれ程子共がたいこうてまめくはせう、たいこうてまめくはせうといふを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太鼓を打つ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太鼓を打つの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation