@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

太鼓持・幇間【たいこもち】

精選版 日本国語大辞典

たいこ‐もち【太鼓持・幇間】
〘名〙
① 太鼓を持つこと。また、その人。
※虎明本狂言・祇園(室町末‐近世初)「にはかに芸道はならぬじゃ程に、太こをもてといふて、太こもちにする」
② 遊客に従って、その機嫌を取り、酒興を助ける男。また、それを職業とする男。太鼓衆。男芸者。末社。弁慶。ほうかん。
※仮名草子・元の木阿彌(1680)上「きぬやの与助とて、町がよひにはづれもせぬ、江戸一番のたいこもち、彼を召し連れ御なぐさみあるべし」
③ 人に追従してその歓心を買うもの。太鼓叩き。
※浄瑠璃・兼好法師物見車(1710頃)四季「ぬし有女のたいこ持ついせうづらのむやくし寺」
[語誌](②について) (1)職業としての太鼓持が現われたのは、湯水のように金を使う「大尽遊び」が流行した元祿期のことと考えられる。当初は、遊里の案内から、諸事の差配、連絡に至るまで、さまざまな雑務を行なっていた。大尽遊びが下火になった宝暦年間には、もっぱら宴席を盛り上げる芸人として定着したが、今日ではほぼ途絶えている。
(2)芸としては、地口(じぐち)・声色(こわいろ)・物真似・舞踊のほか、扇子や衣桁(いこう)などの身近な物を用いた演技や狂態など、滑稽なものが主である。ただし、多くは一中節(いっちゅうぶし)・清元(きよもと)などの音曲を身に付けていた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太鼓持・幇間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

太鼓持・幇間の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation