@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

失墜【シッツイ】

デジタル大辞泉

しっ‐つい【失墜】
[名](スル)
名誉・権威などを失うこと。「会社の信用が失墜する」
むだな出費。浪費。
「肴買ひたる代物、―にまかりなり候」〈甲陽軍鑑・三〇〉
不足すること。また、まちがいのあること。
「これ観音の銭なれば、いづれも―なく返納し奉る」〈浮・永代蔵・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しっつい【失墜】
スル
名誉・信用を落とし失うこと。 権威を-する
物を落としたりしてなくすこと。 地下文書の事、或ひは紛失し、或ひは-す/庭訓往来
無駄な出費。損失。 ただ死ねば今迄の扶持方が-になるべい程に/雑兵物語
不足。数え違い。 -なく返納したてまつる/浮世草子・永代蔵 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しっ‐つい【失墜】
〘名〙
① 物を落としたりしてなくすこと。また、地位や名誉などを失うこと。
※正法眼蔵(1231‐53)洗面「あはれむべし、白法の失墜せることを」
※政治小説を論ず(1898)〈後藤宙外〉吾人の所見「一朝良心を売りて、地位名望を失墜する者」 〔春秋左伝‐昭公二五年〕
② 年貢などを契約通りに納入しないこと。また、不足すること。
※入来院家文書‐貞和二年(1346)一二月一三日「本所乃貢失墜之条、背理致歟」
③ むだに使いへらすこと。無用の失費。浪費。徒費。
※本朝文粋(1060頃)三・皇子加元服祝文〈紀長谷雄〉「欽哉戒之。不失墜
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「その入り目失ついをば、家財を以て私の方から仕と云って」
④ 農作物ができないこと。駄目になること。
※師郷記‐嘉吉三年(1443)五月二〇日「後聞、所々田地多以失墜。不思議天災也。洪水当国殊甚云々」
⑤ 失敗。
※公議所日誌‐一二・明治二年(1869)五月「大小侯伯、藩屏の任に於て、もし失墜あるときは、屹度厳譴に処して可なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

失墜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

失墜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation