@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

失業保険法【しつぎょうほけんほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

失業保険法
しつぎょうほけんほう
昭和 22年法律 146号。労働が失業した場合に,失業保険金を支給して,その生活の安定をはかることを目的とする法律。政府が保険者となり,従業員5人以上の事業に雇用されている労働者で当該事業主の届け出により労働大臣が被保険者資格の取得を確認した者を被保険者とする。保険給付に必要な費用は,政府,事業主,被保険者の3者が一定割合に従って負担する。被保険者が失業した場合,公共職業安定所を通じて一定の手続をふめば,離職前の雇用期間の長短,年齢,離職の要因に応じて,離職後1年間の失業期間中,最低 90日分,最高 300日分までの失業保険金が支給される。日雇労働者と従業員5人未満の事業の労働者には特例を設けている。 74年雇用保険法に吸収された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しつぎょうほけんほう【失業保険法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

失業保険法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

失業保険法の関連情報

関連キーワード

反訴ヨウ化銀ローマ史(年表)ヨウ化シアン議員定数独立行政法人党首討論クエスチョン・タイムスクリーン・クオータゲリラ豪雨

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation