@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

失認【しつにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

失認
しつにん
agnosia
視力,聴力,触力などの一次的な知覚機能に障害はないにもかかわらず,対象を把握できない認知の障害をいう。失行失語 (→失語症 ) と同様に大脳の器質的損傷によって生じる。障害を受ける感覚の種類によって,視覚失認聴覚失認触覚失認などに分けられる。ほとんどの場合これらは互いに独立に生じる。視覚失認は,認知できない対象の相違によって,さらに物体失認,相貌失認色彩失認失読,空間失認などに区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しつ‐にん【失認】
《〈ドイツAgnosie》種々の感覚に異常がみられないのに、人や物を認識することができない状態。大脳皮質の障害によって起こる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しつにん【失認 agnosia】
失語症や失行症とならぶ高次の精神機能障害の一型で,脳の局在障害によって起こる。意識障害も痴呆もなく感覚機能も正常で,対象の存在を知覚することはできるが,ある特定の感覚に関してはその対象が何であるかを認識できない症状をいう。たとえば視覚失認の一型である相貌失認では,傍らにいる母親の形は見えていても,それを視覚的に母親の顔と識別できず,表情もわからない。しかし,声を聞くと直ちに母親であることを認めるものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しつ‐にん【失認】
〘名〙 (Agnosie の訳語) 脳外傷、脳出血、脳腫瘍などが原因で大脳皮質の一定部位に障害がおき、感覚器および神経などの障害がないのに、知覚された対象を認識する能力が欠けた状態。感覚消失、精神聾などはこれに属する。失認識。失認症。認知不能。
※偽原始人(1976)〈井上ひさし〉容子先生「容子先生は〈相貌失認〉にかかっているのだそうだ。ひとの顔の見分けがつかないのだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

失認(大脳皮質障害の特徴)
(3)
失認(agnosia)
 視覚や運動感覚などの感覚情報は大脳に達しているにもかかわらず,それが認識されない状態である.
1)視空間失認:
右中大脳動脈領域の梗塞により生じる頭頂葉病変においてみられる左半側空間無視が典型であり,視野の左半分を無視してしまう.このような患者では眼球が右に倚する.頭部も右に回転させた姿位を取ることが多い.
2)病態失認:
自分の身体の明らかな麻痺などの存在を否定する状態である.麻痺の否認はしばしば半側空間無視に伴って生じる.
3)自己身体部位失認:
自己の身体部位の名が言えなかったり,麻痺肢が自分のものであることを認識できない現象である.[中野今治]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

最新 心理学事典

しつにん
失認
agnosia
ある感覚を介した場合だけ対象が認知できない状態を指す。ただし,それがその感覚の基本的な機能障害,意識障害,全般性認知機能低下などによるものでないことを前提とする。たとえば視覚性失認では,基本的な視覚機能は保たれているのに,視覚を介してのみ対象が何であるかわからない。すなわち,ある物の形を見てもそれが何であるかわからないが,手で触ったり,特徴的な音を聞いたりすれば即座にわかる。失認として知られているものに,視覚性失認,聴覚性失認,触覚性失認がある。これらの失認はそれぞれ見た物,聴いたもの,触った物の名前が言えないことで気づかれることが多い。複数の感覚で障害の見られる多様式失認の報告もある。また,前述の失認の定義には当てはまらないが,身体失認,病態失認という語も用いられている。

【視覚性失認visual agnosia】 視覚性失認の中核症状は,「形態から対象を同定できない」ことである。視覚刺激でも,特徴的な動きからは対象の同定が可能である。障害される機能水準に応じて,古典的には知覚型視覚性失認apperceptive visual agnosiaと連合型視覚性失認associative visual agnosiaの二つに分けられていたが,近年では両者の中間に位置する統合型視覚性失認integrative visual agnosiaを加えて三つに分類されることがある。知覚型視覚性失認は対象の形態の認知そのものが不十分な状態で,対象を模写することができない。統合型視覚性失認は対象の部分的な認知はできるが,対象の形態を全体としてとらえるのが困難な状態で,模写には非常に時間がかかる。連合型視覚性失認は形態の認知は良好だが,それを意味に結びつけられない状態で,模写はすばやく正確である。

 視覚性失認が特定の対象にだけ生じる場合がある。物体失認visual object agnosiaでは実物品,画像ともに視覚性認知は不良だが,画像失認picture agnosiaでは線画や写真の認知は不良なものの実物品の認知は可能である。特定の意味カテゴリーの対象に生じるものに相貌失認prosopagnosia,街並失認landmark agnosiaがあり,個を同定できないという特徴がある。すなわち人間の顔,建物ということはわかっても,だれであるか,どこの建物であるかがわからなくなる。相貌失認では身近な人間の顔を見てもだれであるかわからないが,声や立ち居ふるまいからはすぐにだれかわかる。街並失認では見慣れた風景を見てもどこであるかわからなくなり,道に迷う。

 視覚性失認の神経基盤として,一次視覚野を除く高次視覚野およびその皮質下の病巣が関与している。両側大脳皮質損傷による皮質盲や大脳性弱視からの回復過程で見られることもある。知覚型視覚性失認は両側後頭葉の広汎な病巣に関連し,一酸化炭素中毒による症例が多い。統合型視覚性失認は両側の後頭葉下部病巣を含む例が多く,水平性上半盲(上半分の視野欠損)をしばしば伴う。連合型視覚性失認は両側後頭葉病変例が主だが,左一側後頭葉病変例もある。相貌失認は右紡錘状回病巣に,街並失認は右海馬傍回病巣に関連することが知られている。

【聴覚性失認auditory agnosia】 純音聴力は保たれているのに,ことばや音楽などが認知できない状態を指す。すべての種類の聴覚刺激(言語,環境音,音楽)の認知が障害される場合を広義の聴覚性失認とよぶ。また,特定の刺激,すなわち言語音,環境音(非言語性有意味音),音楽のどれかに限局した聴覚性認知障害も報告されている。言語音が選択的に認知できなくなる状態を純粋語聾pure word deafness,環境音に特異的な聴覚性認知障害を狭義の聴覚性失認(環境音失認),音楽認知能力の失われた状態を感覚性失音楽sensory amusiaとよぶ。経過中に非特異的障害から特異的聴覚認知障害に変化する場合や,特異的聴覚認知障害以外に程度は軽いが,ほかの聴覚刺激に対しても障害を示す例がある。

 聴覚性失認は側頭葉皮質,皮質下の病巣で出現する。環境音失認の純粋例はまれで,右側頭葉または両側側頭葉病巣の報告がある。純粋語聾は左または両側の側頭葉皮質,皮質下の病巣をもつ。感覚性失音楽も側頭葉病巣に関連するが,病巣側や病巣の広がりにより音楽のどの要素(メロディ,リズム,ピッチなど)が障害を受けるかは異なる。

【触覚性失認tactile agnosia】 要素的感覚(触覚・冷覚・温覚・痛覚)に障害がないのに,「触った物が何かわからない状態」である。触覚には,自分では手を動かさずに対象が動く受動性触覚passive touchと,自分の手を動かして触覚性に探索運動をする能動性触覚active touchがある。高次の触覚の障害として,受動性触覚により2次元対象を認知できない線図形認知障害agraphesthesia,能動性触覚により3次元対象の形態を正確に認知できない立体覚認知障害astereognosis,形態を認知してもそれが何であるかわからない触覚性失認がある。触覚性失認を広義にとらえる立場では,立体覚認知障害を知覚型触覚性失認apperceptive tactile agnosia,狭義の触覚性失認を連合型触覚性失認associative tactile agnosiaとよぶ。触覚性失認に関連する病巣は主に頭頂葉の皮質および皮質下である。知覚型触覚性失認は中心後回病巣が中心で,連合型触覚性失認は下頭頂小葉病巣を含む。中心後回損傷で素材弁別の障害が,その後方の損傷で形態弁別の障害が生じるとする報告もある。

【身体失認asomatognosia】 自己の身体とその状態に関する認知の障害で,一つの感覚様式に限定されない。身体失認は身体の半分(病巣の反対側半身)に生じる半身性のものと,非半身性のものに分けられる。半身性のものには,自分の半身に無関心となり,動かそうとせず,不自然な肢位になっていても直そうとしない半身無視hemiasomatognosiaや,半身喪失感・半身変容感・半身異物感などを含む半身幻覚・妄想がある。半身性の身体失認は右半球病巣により左半身に生じることが多い。非半身性のものには,切断された,または感覚入力のない身体部分があたかも存在するように感じる幻肢phantom limb,自分および第三者・全身図などの身体部位の空間関係を認知できなくなる自己身体部位失認autotopagnosiaがある。手指失認finger agnosiaは,左右障害,失書,失算とともにゲルストマン症候群Gerstmann syndromeの四つの特徴の一つとされる。自己身体部位失認が,手指のみに出現したのが手指失認であるとする意見もある。しかし,ゲルストマン症候群における手指失認は手指と手指のそれぞれの名前の連合障害を含み,自己身体部位失認の一型とは考えにくい。

【病態失認anosognosia】 脳損傷により生じた自分の神経学的・神経心理学的症状を正しく認識できない状態。半側性のものとして,片麻痺の病態失認,半側視野が見えなくなる同名性半盲に関する病態失認がよく知られている。非半側性のものとして,盲・聾に対する病態失認をアントン症候群Anton's syndromeとよぶ。患者は盲を言語的に否定するだけでなく,あたかも見えているかのように行動しようとして失敗する。失認,失語,健忘などの高次脳機能障害に対して病態失認を呈することはまれではない。一人の患者において,ある症状は認知できるのに,他の症状は認知できない場合があり,病態失認の機序は一様ではないと考えられる。 →失行 →側頭連合野 →頭頂連合野
〔鈴木 匡子〕

出典:最新 心理学事典
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

失認」の用語解説はコトバンクが提供しています。

失認の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation