@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

夷舁き【えびすかき】

世界大百科事典 第2版

えびすかき【夷舁き】
摂津西宮の西宮神社本拠地とし,首掛けの箱に入れた人形を舞わしながら,春の時期に家々を訪れ祝福するとともに,夷神の御姿を描いたを配った宗教芸能者。夷まわしともいう。鯛を釣る夷の姿は漁家信仰を得たが,多くは2人1組で簡単ななども演じ,天文年間(1532‐55)以降京都に姿をみせ禁裏などにも推参春季門付(かどづけ)以外には数人から数十人が一座して,大型の傀儡くぐつ)系人形を用いて劇を演じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

夷舁き」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夷舁きの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation