@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【えびす】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


えびす
古くは「えみし」といい,異民族を意味する語であった。西南地方の異民族は,比較的早く同化されたが,東北地方の蝦夷 (えぞ) だけが,長く同化せず,異民族として残ったため,「夷」が「蝦夷」をさす語となった。蝦夷のうち,帰順して内地に移された俘囚東国武士も夷と呼ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

い【×夷】
中国未開人蛮族をさしていった語から》異民族。えびす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

い【夷】[漢字項目]
人名用漢字] [音]イ(呉)() [訓]えびす
古代中国で、東方の未開人の称。また一般に、異民族。未開の民族。「夷狄(いてき)華夷攘夷(じょうい)征夷東夷蛮夷
平らで低い。「平夷
滅ぼし平らげる。「焼夷弾
[名のり]ひな・ひら
[難読]蝦夷(えぞ)蝦夷(えみし)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えびす【×夷/×戎】
《「えみし(蝦夷)」の音変化》
蝦夷(えぞ)」に同じ。
「その国の奥に―といふものありて」〈今昔・三一・一一〉
都から遠く離れた未開の土地の人。田舎者。
「かかることは―、町女(まちめ)などこそいへ」〈栄花・浦々の別〉
情趣を解しない荒々しい人。特に、東国の荒くれ武士。あずまえびす。
「―は弓引くすべ知らず」〈徒然・八〇〉
異民族を侮蔑(ぶべつ)していう語。蛮夷(ばんい)。
「―のこはき国あり。その―、漢に伏して」〈徒然・二一四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

い【夷】
東方の異民族。野蛮人。えびす。
[句項目] 夷を以て夷を制す

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い【夷】
〘名〙
① 昔、中国で王化の及ばない地方の人をさげすんで称したことば。特に東方の人をさすが、一般に遠国の民族の総称としても用いられる。蛮人。えびす。
※菅家文草(900頃)一・早春侍内宴、同賦無物不逢春「惟夏惟夷、娯楽至矣」 〔礼記‐王制〕
② 無色。
※破提宇子(1620)初段「老子の夷〈無色〉希〈無音〉微〈無形〉之三字を挙(あげ)て」 〔老子‐一四〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation