@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奄美の黒糖焼酎【あまみのこくとうしょうちゅう】

事典 日本の地域ブランド・名産品

奄美の黒糖焼酎[酒類]
あまみのこくとうしょうちゅう
九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
奄美群島の奄美大島喜界島徳之島沖永良部島与論島で製造されている。焼酎製法は、約500年前にシャム(現・タイ)から沖縄に渡来し、奄美地方にも伝わったとされる。奄美では、主要農産物のさとうきびからとれる黒糖を使用し、改良を重ねて黒糖酒がつくりあげられた。戦後の1953(昭和28)年、奄美群島がアメリカから返還された際、酒税法により黒糖を原料とする焼酎製造は米麹を使用することを条件に奄美諸島でのみ認められた。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奄美の黒糖焼酎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奄美の黒糖焼酎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation