@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奇兵隊【きへいたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奇兵隊
きへいたい
文久3 (1863) 年,長州藩で結成された諸隊のうち代表的な軍隊組織。奇兵とは不正規の軍隊の味である。組織にあたったのは同藩士高杉晋作で,身分にこだわらず,広く同藩農民町人からも有志を募り,平民軍の発端をなした。隊はから武器給与支給を受けた。下関戦争,第2次長州征伐では予期以上に勇敢であった。明治2 (69) 年,藩の兵制改革により解散したが,脱隊騒動などが起り,内乱化した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きへい‐たい【奇兵隊】
文久3年(1863)長州藩の高杉晋作らがつくった軍隊。武士庶民を問わず参加を認めた。長州征伐戊辰(ぼしん)戦争に活躍したが、明治2年(1869)藩の兵制改革のために解散。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

奇兵隊
1863年に高杉晋作[たかすぎしんさく]がつくった軍隊です。足軽[あしがる]や農民などの志願者で組織されており、江戸幕府をたおす時に活躍しました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きへいたい【奇兵隊】
幕末・維新期,長州藩で編成され,維新の動乱に活躍した士庶混合の軍事組織。結成は1863年(文久3)6月で,場所は下関の豪商白石家。上海で中国の半植民地化をまのあたりにした長州藩士高杉晋作が,安政期以降の長州藩軍制改革の成果に立って,藩主信任のもとにつくったのが奇兵隊である。ときに長州藩は,攘夷期限(1863年5月10日)の外船砲撃の結果,米・などの反撃によって武士階級の無力さを暴露されていた。高杉は,〈陪臣・雑卒・藩士〉の身分にかかわらず,志があれば,力量本位で奇兵隊への参加を認めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きへいたい【奇兵隊】
1863年、高杉晋作らによって創設された長州藩の軍隊。足軽・郷士のほか農民・町人など藩の正規兵以外で組織され、第二次長州征伐・戊辰戦争などに活躍。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

奇兵隊
きへいたい
1863年(文久3)6月高杉晋作(しんさく)によって創設された長州藩最初の民兵隊。同年5月長州藩は攘夷(じょうい)を決行し、下関(しものせき)海峡を通航する外国船を砲撃した。このため同月から翌月にかけて米・仏艦から報復攻撃を受け、下関前田砲台が一時占領されるなど苦戦を強いられた。この難局を打開するため、藩府は謹慎中の高杉晋作を登用。高杉は下関の豪商白石正一郎宅で藩府の正規軍とは異なる民兵隊を組織し、奇兵隊と名づけた。奇兵隊は身分にこだわらず、武士、陪臣(ばいしん)、百姓、町人の中から、500名の有志の者を募って組織し、高杉が総督となり、幹部には実力のある者を任命した。庶民の参加者も多く、これまであった有志の集団、光明寺党などもこれに加わった。隊士は武器と俸給が藩から支給され、庶民出身者も苗字(みょうじ)帯刀が許された。奇兵隊の駐屯所は最初は下関に置かれたが、のち厚狭(あさ)郡吉田村(下関市大字吉田)に移った。1865年(慶応1)の藩内の内訌(ないこう)戦には諸隊方の主力となって戦い、翌年の第二次長州征伐時には豊前口(ぶぜんぐち)の戦いの主力軍として活躍し、小倉城を占領した。続いて68年(慶応4)戊辰(ぼしん)戦争では鳥羽(とば)・伏見(ふしみ)の戦いに参加、さらに北越戦争で奮戦した。このため戦死者77名、戦傷病死者61名、負傷者約199名を出した。翌年兵制改革により諸隊は解散された。奇兵隊はじめ諸隊士は解散に反対し、脱隊騒動を起こして藩府軍と戦ったが、やがて鎮圧解除された。[広田暢久]
『『奇兵隊日記』全四巻(1918・日本史籍協会) ▽田中彰著『幕末の長州』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きへい‐たい【奇兵隊】
文久三年(一八六三)、長州藩の高杉晉作らが創設した軍隊。長州藩諸隊の一つ。奇兵とは藩の正規兵に対する意で、従来の門閥制度にとらわれず武士のほか百姓、町人の有志も参加。英・米・仏・蘭四か国連合艦隊の下関砲撃事件に際して防衛にあたり、高杉ら尊攘派が藩内の保守派を倒すのに貢献した。また、第二次長州征伐、戊辰戦争にも活躍した。明治二年(一八六九)藩の兵制改革により解体したが、脱退兵士による反乱が起きた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

奇兵隊
きへいたい
幕末,高杉晋作が組織した長州藩の非正規軍隊
1863年,高杉は門閥制度にとらわれない新軍隊をつくろうと計画し,足軽・郷士らの下級武士と農民・町人らで奇兵隊を組織した。'64年の四国艦隊下関砲撃事件,'66年の第2次長州征討,'68〜69年の戊辰 (ぼしん) 戦争などで活躍したが,'69年藩の兵制改革で解散。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奇兵隊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奇兵隊の関連情報

関連キーワード

グリュクスボー朝グリュックスボー朝マネ中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグルナンウィグモアエルギン小松小太郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation