@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奇稲田姫【クシナダヒメ】

デジタル大辞泉

くしなだ‐ひめ【奇稲田姫/櫛名田比売】
日本神話の女神で、脚摩乳(あしなずち)手摩乳(てなずち)の娘。八岐大蛇(やまたのおろち)いけにえとなるところを、素戔嗚尊(すさのおのみこと)によって助けられ、そのとなった。稲田姫

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

奇稲田姫 くしいなだひめ
記・にみえる神。
出雲(いずも)(島根県)(ひ)の川にすむ脚摩乳(あしなずち)・手摩乳(てなずち)の8番目の娘。八岐大蛇(やまたのおろち)にのみこまれようとするところを,素戔嗚尊(すさのおのみこと)にたすけられて結婚する。真髪触(まかみふる)奇稲田姫とも。6世のに大己貴命(おおなむちのみこと)(大国主神)がある。「古事記」では櫛名田比売(くしなだひめ)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くしなだひめ【奇稲田姫】
記紀の八岐大蛇(やまたのおろち)退治神話に出てくる乙女脚摩乳(あしなずち)・手摩乳(てなずち)の娘でその名は稲田の豊饒をあらわしている。年ごとにやってきて娘(=稲田)を食う大蛇の犠牲となろうとしたところを,素戔嗚(すさのお)尊によって櫛に変身させられて救われ,のち出雲の須賀の宮を定めたスサノオの妻となる。《出雲国風土記》に見える久志伊奈太美等与麻奴良比売(くしいなだみとよまぬらひめ)も同じく稲田の化身と考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

奇稲田姫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奇稲田姫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation