@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奈良仏教【ならぶっきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奈良仏教
ならぶっきょう
奈良時代に行われた仏教で,南都仏教ともいう。伝来以来,推古天皇から三宝興隆のが下り,聖徳太子らの理解のもとに国家宗教の色彩濃く受入れられた仏教は,奈良時代になっていよいよ国政と不可分の関係を強めるにいたった。国分寺国分尼寺の創設,東大寺大仏建立などに象徴される鎮護国家,統一国家への祈念は,一方で唐鑑真らの授戒制度の確立や教学振興の実となって現れ,南都六宗の成立をみた。そして宮廷のみならず地方にも発展して神仏習合,本地垂迹の思想を展開するようになった。しかし,道鏡に代表される崇仏政治のは,やがて平安時代の粛正にあう運命を宿していた。ただ,芸術の面では,飛鳥・白鳳の美に唐風を加えた豪華絢爛たる天平美術の特色を生み,建築に造像に各種の傑作を残している。また,宮廷行事に基づく諸種の民間習俗もこの時代に興って今日に伝わるものが多く,架橋,開拓,造池その他の社会事業が始められたこととともに奈良仏教の影響として高く評価されてよいであろう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

奈良仏教
ならぶっきょう
奈良時代の鎮護国家のための仏教
聖武天皇は,政治の行きづまりを打開するために仏教を利用しようとし,国分寺・東大寺創建。奈良の都が仏教の中心地となり,東大寺・興福寺・薬師寺大安寺唐招提寺などの寺が建てられた。これらの寺では国家の安泰を祈禱し,仏教の学問研究が盛んで,学団が組織され,南都六宗が成立し,経論があちこちの写経所で写された。教義は,仏性のあるものと,ないものとに区別し,無仏性のものは救済の対象外に置かれた。行基・鑑真のような高僧も現れたが,後期になると道鏡のように政治に関係する僧も現れ,政教混同の弊害もおこった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良仏教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奈良仏教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation