@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奉行【ぶぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奉行
ぶぎょう
命令を奉じて事を執行すること。またその担当者である奉行人をもいう。奉行には臨時のものと,特定機関の恒常的職員とがあった。鎌倉幕府越訴 (おっそ) 奉行,官途奉行などの類は後者である。安土桃山時代には大老の下に五奉行がおかれ,政治の中枢に参画して行政にあたった。江戸幕府では,初め老中にあたる職を奉行,年寄といったが,職制が整備されると,町奉行勘定奉行寺社奉行その他各種の奉行がおかれて,職務が執行された。諸藩にも各種の奉行がおかれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶ‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【奉行】
[名](スル)
武家時代の職名。それぞれの職掌により政務を担当し執行するもの。鎌倉幕府幕府の職制として各種の奉行を置いたのに始まり、戦国大名も各種の奉行を設け、豊臣氏は五奉行を設置。江戸幕府では寺社・町・勘定三奉行をはじめ、中央・遠国に数十の奉行を設置した。
主君などの命令を奉じて物事を執り行うこと。また、その人。
「庭の儀を―する人」〈徒然・一七七〉
仏語の教えを奉じ、それを行うこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐こう〔‐カウ〕【奉行】
[名](スル)命令を受けて執行すること。ぶぎょう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶぎょう【奉行】
官制または職制において,上位者の命令を奉じて事にあたること。また転じてその役を務める者を指す。律令時代宮廷儀式の臨時執行者をいうこともあったが,鎌倉時代以後,武家政権の職制のなかでおもに使用された。鎌倉幕府では,問注所,侍所,政所(まんどころ)にそれぞれ奉行が置かれ,その職制はほぼ室町幕府へ引き継がれた。豊臣政権はその末期に,五大老のほか五奉行制をしき,石田三成ら秀吉配下の実務官僚を任じて政務を処理させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

奉行
ぶぎょう

もともと命を奉じて事を執行すること、またその役や人をいう。おもに武家方の職制中にみられる呼称。鎌倉・室町両幕府の役職には大半この称がつき、豊臣(とよとみ)政権の前田玄以(げんい)、浅野長政(ながまさ)、増田長盛(ましたながもり)、石田三成(みつなり)、長束正家(なつかまさいえ)の五奉行は有名。江戸幕府には役方番方ともにその称があった。おもなものを掲げると寺社・町・勘定の三奉行、長崎・京都・大坂・奈良・日光・佐渡そのほか主要の地に置かれた遠国(おんごく)奉行、旗奉行、槍(やり)奉行、幕末に設けられた外国奉行、陸軍奉行、海軍奉行などである。また諸藩にも各種の奉行職のあったことはいうまでもない。ちなみに、奉行の称が付せられた職とそうでない職との間に、かならずしも職掌上、一線を画するようなことがあったわけではなかった。

[北原章男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶ‐ぎょう ‥ギャウ【奉行】
〘名〙
① (━する) 主君などの命を受けて他を指揮し、事を執行すること。政務や行事の執行において、幹事役をつとめること。また、その人。奉行人。ほうこう。
※九条公爵家所蔵延喜式裏文書‐宝亀四年(773)二月八日・太政官符案「奉勅、件人等改本姓、賜安倍猨嶋姓者、省宜承知、准勅施行、符到奉行」
② 武家時代の職名。公事(くじ)(=政務)を担当し執行するもの。鎌倉幕府にはじまり、最初は単に公事奉行人または奉行人と称したが、幕府行政・裁判制度の整備とともに、評定奉行、官途奉行、恩沢奉行、安堵奉行、進物奉行などが制度化された。また、戦国諸大名も各種の奉行を設け、豊臣氏は五奉行と称せられるものも置いた。江戸幕府では寺社・町・勘定の三奉行、作事・普請・小普請の下三奉行をはじめ、中央・遠国に数十にのぼる奉行を設置した。
※吾妻鏡‐文治二年(1186)七月二八日「俊兼為奉行云々」
③ 江戸時代、裁判をつかさどった寺社・町・勘定三奉行のうち、特に、町奉行をさしていう。
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)五「夜の明るを待兼、奉行(ブギャウ)へ御訴訟申あぐるに」
④ 特に、江戸幕府初期において、後の老中にあたる年寄を奉行・奉行人と称した。幕府の高札に見える「奉行」はこの意味である。執政。宿老。
※御触書寛保集成‐二・寛文元年(1661)六月一二日「定 一 喧嘩口論令停止之訖、自然有之時至、其場え一切不可出向事。〈略〉奉行」
⑤ 一般に、その任にあたる人。係りの人。多く、「御産奉行」などと熟して用いる。
※増鏡(1368‐76頃)八「女房の衣など、こちたきまで押し出だせば、ぶ行とりて」
⑥ (━する) 仏語。仏の教えを奉じ、それを実践すること。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「曾無作悪之心諸悪莫作諸善奉行之教也」 〔増一阿含経‐一〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐こう ‥カウ【奉行】
〘名〙 旨を奉じて行なうこと。命令を受けて執行すること。ぶぎょう。
※開化本論(1879)〈吉岡徳明〉上「全世界に公にすべき大綱に至ては、万国通貫して之を奉行せしめざるを得ず」 〔漢書‐魏相伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

奉行
ぶぎょう
鎌倉〜江戸時代の武家の職名。元来は上司の命令を奉じて事を執行すること,転じてその担当者をいう
①平安時代,宮廷の儀式などに際し臨時に定められた役。
②鎌倉幕府が臨時または常置して政務を分掌させた職名。鎮西奉行など。
③安土桃山時代,豊臣政権の政務担当者(五奉行)。
④江戸幕府の職制。三奉行(寺社・勘定・町)・遠国奉行などがある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奉行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奉行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation