@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奥州藤原氏【おうしゅうふじわらうじ】

世界大百科事典 第2版

おうしゅうふじわらうじ【奥州藤原氏】
平安時代末期(11世紀末~12世紀末)の東北地方の豪族。藤原清衡,基衡,秀衡,泰衡の4代をいう。清衡,基衡,秀衡3代のミイラ化した遺体と泰衡の首が岩手県中尊寺金色堂の須弥壇の下に葬られている。奥州藤原氏は,かつては蝦夷の出身でアイヌの血をひくものと考えられていた。しかし初代清衡の父の藤原経清は俵藤太秀郷の子孫で,系譜的には中世武士に多い秀郷流藤原氏である。1950年に行われた遺体調査の結果も,彼らがアイヌ人らしくないことを明らかにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

奥州藤原氏
おうしゅうふじわらし
平安後期,奥州の豪族
前九年の役(1051〜62)に安倍氏に味方して死した亘理経清 (わたりつねきよ) の子清衡は,母の再嫁した清原氏に養われていたが,後三年の役('83〜87)に源義家と結んで独立し,平泉に館を構えて奥羽両国に勢力をふるった。以後基衡・秀衡の3代に全盛をきわめ,京文化を吸収移植し,中尊寺・毛越 (もうつ) 寺などを残した。秀衡は源平の争乱(治承・寿永の乱)に中立を保ち,源義経を保護して終世変わらなかったが,4代泰衡 (やすひら) は源頼朝の圧迫に屈して義経を討ち,その後,頼朝に滅ぼされた(1189)。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

奥州藤原氏
おうしゅうふじわらうじ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥州藤原氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奥州藤原氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation