@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奥村政信【おくむら まさのぶ】

美術人名辞典

奥村政信
江戸中期の浮世絵師奥村派始祖。名は親妙、号は文角・芳月堂・丹鳥斎・梅翁、通称を源八、稀に源八郎。作品はあらゆる種類に及び、墨摺絵丹絵紅絵漆絵紅摺絵等版画様式も多方面に及ぶ。浮絵と称する風景版画には独自の境地を開いた。書肆を業とし、俳諧も能くした。明和元年(1764)歿、79才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おくむら‐まさのぶ【奥村政信】
[1686~1764]江戸中期の浮世絵師。俗称、源八。草紙問屋を経営。紅絵(べにえ)・漆絵・紅摺(べにずり)絵など初期の浮世絵版画の彩色改良貢献。浮き絵・柱絵考案した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

奥村政信 おくむら-まさのぶ
1686-1764 江戸時代中期の浮世絵師。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。奥村派の菱川師宣(ひしかわ-もろのぶ),鳥居清信の影響をうけ美人画,役者絵,花鳥画を手がける。遠近画法をもちいた浮き絵,細長い判の柱絵を創案。肉筆画にもすぐれた。版元,絵草紙問屋奥村屋としても活躍。宝暦14年2月11日死去。79歳。江戸出身。名は親妙。通称は源八。号は芳月堂,丹鳥斎,文角,梅翁など。作品に「小倉山荘図」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おくむらまさのぶ【奥村政信】
1686‐1764(貞享3‐明和1)
江戸中期の浮世絵師。通称源八。芳月堂,丹鳥斎,文角,梅翁,親妙などと号した。菱川師宣,鳥居清信の画風を模倣することから始めて,すでに10歳代から浮世絵師としての生活に入る。確認される最初期の作品は,前年刊行の清信の絵本を模写した《娼妓画牒(けいせいえほん)》(1701)である。以後,墨摺絵,丹絵,紅絵,漆絵,紅摺絵と浮世絵版画の初期の発達段階をすべて経験し,終始中心的な人気絵師として活躍,錦絵時代に入る前の年にしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奥村政信
おくむらまさのぶ
[生]貞享3(1685)
[没]明和1(1764).江戸
江戸時代中期の浮世絵師。名は親妙,俗称源八 (あるいは源六) ,号は芳月堂,丹鳥斎,文角など。鳥居清信に私淑。俳諧のたしなみも深く,美人風俗の描写に情趣的な彩りを与えた。また版元奥村屋を営み,紅絵,漆絵という彩色版画の開発,浮絵の考案,幅広柱絵,三幅対の工夫など,浮世絵版画の発展に貢献。門人に漆絵の得意な奥村利信がいる。主要作品『遊色三幅対』 (東京国立博物館) ,『両国橋夕涼見浮絵』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

奥村政信
おくむらまさのぶ
(1686―1764)

江戸中期の浮世絵師。元禄(げんろく)期(1688~1704)から錦絵(にしきえ)誕生直前まで約60年の長期間活躍し、前錦絵時代を代表する絵師だが、生没年については異説もある。俗称源八。芳月堂(ほうげつどう)、丹鳥斎(たんちょうさい)、文角(ぶんかく)、親妙(しんみょう)などと号す。菱川師宣(ひしかわもろのぶ)、鳥居清信風を基調に一流を確立。壮年期、版本を通じて京の西川祐信(すけのぶ)の影響も受ける。自負心が強く、晩年に至るまで研究心、開拓心を失わず、自身通塩町(とおりしおちょう)で版元奥村屋を経営した関係もあって、さまざまなくふうを試み、自ら版行した。ことに柱絵(はしらえ)、浮絵(うきえ)を創製したことは高く評価されている。美人画、役者絵、花鳥画、武者絵と幅広く活躍、肉筆画、版本も多いが、初期の丹絵(たんえ)時代の美人画はとくに優れ、生動感を抑え、柔和でふっくらとした優しさを感じさせる。代表作は『遊女張果郎』『遊色三幅つい』『七夕(たなばた)』など。門弟に奥村利信(としのぶ)がいる。

[浅野秀剛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おくむら‐まさのぶ【奥村政信】
江戸中期の浮世絵師。俗称源八。鳥居清信に私淑。美人画、役者絵のほか、西洋風の遠近法を採り入れた浮き絵も制作。版元奥村屋も兼ね、種々の色摺(いろずり)技術を改良した。貞享三~明和元年(一六八六‐一七六四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥村政信」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奥村政信の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation