@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奥羽本線【おううほんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奥羽本線
おううほんせん
東北地方の福島山形秋田青森の各県を縦貫する幹線鉄道。 JR東日本。全長 487.4km。起点福島駅から板谷峠越え米沢,山形,新庄横手大曲,秋田を経て北上し,能代から米代川に沿い,矢立峠を越えて弘前経由で終点青森に達する。 1905年に全通。 92年7月に山形新幹線が開業したのに伴い,福島-山形間の軌道幅は新幹線と同じ標準軌となり,在来線の車両も標準軌に対応した新型車両が走行している。また,97年3月に秋田新幹線が開業した大曲-秋田間は,標準軌と狭軌の3線軌道方式となっている。沿線には防雪施設が多い。全線電化。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おうう‐ほんせん〔アウウ‐〕【奥羽本線】
東北本線福島から秋田を経て青森に至るJR線。全長484.5キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おううほんせん【奥羽本線】
東北本線福島駅を起点とし,板谷峠を越えて奥羽山脈の西側を北上,山形,新庄,横手の各盆地,秋田平野通り,東北本線青森駅に至る484.5kmのJR東日本の営業線。ほかにJR貨物に所属する土崎~秋田港間1.8kmの貨物支線がある。おもな経由地は米沢市,山形市,秋田市,能代市大館市,弘前市である。奥羽本線は福島側および青森側からそれぞれ建設を開始,まず青森側からは1894年12月青森~弘前間が奥羽北線として開通,福島側からは99年5月福島~米沢間が奥羽南線として開通,以後順次延長開通し,1905年9月湯沢~横手間の開通により福島~青森間が全通,奥羽本線と改称された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

奥羽本線
おううほんせん

東日本旅客鉄道(JR東日本)の線路名称。福島―秋田―青森間484.5キロメートル。全線交流電化。福島で東北本線から分岐して、奥羽山脈を越え、米沢(よねざわ)、山形、新庄(しんじょう)、横手の各盆地、秋田、能代(のしろ)平野、鷹巣(たかのす)、大館(おおだて)盆地、津軽平野などを経て、青森に至る東北地方縦断の幹線鉄道である。福島および青森から、官設鉄道の奥羽南線・北線として建設を進め、1894~1905年(明治27~38)全線を開業した。全通とともに奥羽線と称し、1909年の線路名称の統一で奥羽本線となった。

 奥羽山脈を横断する福島―米沢間は最急38‰(パーミル)の急勾配(こうばい)区間があり、開業当初より輸送上のネックとなって、特別な勾配線用機関車が使用されてきた。1949年(昭和24)福島―米沢区間の輸送力強化のため直流電化が行われ、東北地方における最初の幹線電化となった。また、1968年から進められた交流電化によって、この区間を含め同年交流に切り替えられ、1975年までに全線の交流電化を完成させた。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。1992年(平成4)から、福島―山形間は全線が軌間1067ミリメートルから1435ミリメートルに改築され(一部3線区間)、1435ミリ軌間の山形新幹線および在来線普通列車(車両を軌間に合わせて改造)の運転を行っている。1999年には山形新幹線が新庄まで延伸されたことで、山形―新庄間も1435ミリメートルに改軌された(一部区間では1067ミリメートル軌間も並設)。また、大曲(おおまがり)―秋田間は1997年から1067ミリメートル軌間と1435ミリメートル軌間が併用され、秋田新幹線と在来線普通列車が運行されている。

[青木栄一・青木 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうう‐ほんせん アウウ‥【奥羽本線】
東北地方の日本海側を縦貫するJRの幹線。東北本線福島駅から山形、秋田、弘前を経て青森駅に至る。明治三八年(一九〇五)全通。全長四八七・四キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥羽本線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奥羽本線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation