@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奥羽越列藩同盟【おううえつれっぱんどうめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奥羽越列藩同盟
おううえつれっぱんどうめい
戊辰戦争際し奥羽北越諸藩が,官軍に抗戦するために結んだ攻守同盟。会津藩鶴岡藩は,幕末の動乱期に最も強硬な佐幕活動を行なってきたが,江戸開城後,藩主らはそれぞれ藩地に戻って謹慎していた。しかし官軍側は,九条道孝を鎮撫総督に任じて会津,庄内両藩の追討を目指し,仙台藩米沢藩に使者を送って討伐を命じた。仙台,米沢藩重臣らは,会津,庄内両藩主の謹慎を官軍側に報告して,追討取消しの嘆願を行なった。官軍側がこれを却下すると,恭順の意を表わすものを討つのは不当であるとして,仙台,米沢両藩は総督府参謀世良修蔵を斬って抗戦の決意を表明し,慶応4 (1868) 年5月3日,奥羽 26藩の間に攻守同盟が成立した (奥羽列藩同盟) 。さらに会津藩と盟約を結んでいた新発田藩ら北越6藩がこれに加わり,30藩をこえる大同盟となった。同盟の大義名分は,「君側の奸」として薩摩藩を討つことにおかれ,彰義隊戦争で敗れ北走した輪王寺宮公現法親王を推戴し,白石に公議府,福島に軍事府を設置した。ところが,官軍が白河口,越後口から進攻すると,秋田藩をはじめ,脱退して官軍側に協力する藩が相次いだ。洋式軍備の点でまさっていた官軍がまず北陸を鎮定し,白河,棚倉,二本松を攻略したため,米沢,仙台両藩も降伏,同盟は瓦解した。最後まで抗戦した会津藩も9月 22日ついに降伏し,5ヵ月にわたる戦争は官軍の勝利に帰した。なお,同盟諸藩は,いずれも敗戦後,減封,処罰されたが,官軍側は特に寛大な処置をもってのぞんだ。 (→会津戦争 , 五稜郭の戦い )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おううえつ‐れっぱんどうめい〔アウウヱツ‐〕【奥羽越列藩同盟】
慶応4年(1868)の戊辰戦争の時に、東北・北越の諸藩が結んだ反維新政府軍事同盟。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おううえつれっぱんどうめい【奥羽越列藩同盟】
戊辰戦争に際し,東北・北陸諸藩が結んだ反薩長同盟。1868年(明治1)3月下旬,奥羽鎮撫総督九条道孝は,参謀大山綱良(つなよし),世良修蔵らとともに仙台に入り,東北諸藩に会津藩征討の命を発した。仙台藩と米沢藩は,会津藩の謝罪と寛典斡旋を行い,閏4月11日,盛岡,二本松など14藩の重臣を仙台藩白石城に集め,総督府に列藩連署の嘆願書を提出した。しかし,謝罪の時すでに遅しとする総督府は,これを拒否して即刻出兵を命令し,処分強硬派と目された世良が暗殺される事件が起きた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おううえつれっぱんどうめい【奥羽越列藩同盟】
1868年五月戊辰戦争で、奥羽・北越の諸藩が結んだ反政府軍事同盟。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

奥羽越列藩同盟
おううえつれっぱんどうめい
1868年(慶応4)5月から9月にかけて存在した東北諸藩を中心とする反維新政府攻守同盟ないし地方政権。同年正月の鳥羽(とば)・伏見(ふしみ)の戦いののち、維新政府は徳川勢力の一掃と全国平定を開始、2月には九条道孝(みちたか)を奥羽鎮撫(ちんぶ)総督に、薩摩(さつま)藩士大山綱良(つなよし)、長州藩士世良修蔵(せらしゅうぞう)を参謀に任命して仙台に派遣した。総督府は東北諸藩に会津征討を命じたが、仙台、米沢(よねざわ)を中心とする諸藩は白石(しろいし)に会議して、戦争を回避し会津救済を図るため、嘆願書を提出したが却下されたため、新政府軍との対決の姿勢を強めた。5月3日東北25藩は仙台に会合し、仙台藩を盟主として同盟を締結、ついで長岡など6藩がこれに加入し、奥羽越列藩同盟が成立した。同盟は白石に公議府、福島に軍事局を置いた。旧幕臣、新選組、彰義隊(しょうぎたい)残党など佐幕派も合流した。6月に輪王寺宮(りんのうじのみや)公現法親王(後の北白川宮能久(きたしらかわのみやよしひさ)親王)が上野を退去して会津に入ると、諸藩は宮を盟主にいただき、白河(しらかわ)に公議府を移して、地方政権の性格を濃くしていった。
 一書によると、大政の元号を用い、宮を東武皇帝とし、九条道孝を関白太政(だじょう)大臣、仙台藩主伊達慶邦(だてよしくに)を権征夷(ごんせいい)大将軍、会津藩主松平容保(かたもり)を副将軍とする東国政権の構想があったという。上野の彰義隊を撃滅して関東を平定した維新政府は5月同盟諸藩への攻撃を開始した。戦局は新政府軍に有利に進展し、同盟諸藩の離脱、降伏が相次いだ。9月に入ると仙台、会津が降伏し、列藩同盟は名実ともに崩壊した。[井上 勲]
『原口清著『戊辰戦争』(1963・塙書房) ▽石井孝著『維新の内乱』(1968・至誠堂) ▽村上一郎編『明治の群像之戊辰戦争』(1968・三一書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おううえつれっぱん‐どうめい アウウヱツレッパン‥【奥羽越列藩同盟】
慶応四年(一八六八)会津、庄内二藩の討伐を強行しようとする維新政府に対して、東北、北越三一藩が結んだ軍事同盟。公議所を白石城に、軍事局を福島に置いて政府軍と戦ったが、脱退する藩が相次いで、足並みがそろわず、各個に討伐をうけて平定された。→会津戦争

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

奥羽越列藩同盟
おううえつれっぱんどうめい
戊辰 (ぼしん) 戦争に際して,東北・北越諸藩の間で結ばれた反政府軍事同盟
仙台藩・米沢藩などが中心になり徳川慶喜 (よしのぶ) の寛大な処分と会津・庄内両藩の赦免を求めたが新政府に拒否されたので,1868年5月,東北・北越の31藩が同盟して新政府に抵抗,9月官軍により平定された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥羽越列藩同盟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奥羽越列藩同盟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation