@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奥能登丘陵【おくのときゅうりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奥能登丘陵
おくのときゅうりょう
石川県能登半島北東部一帯ほぼ全域を占める丘陵。最高点は高洲山(567m)で,大部分標高 200~300mの低い丘陵地。安山岩の上に新第三紀層が堆積し,基盤が露出しているところもある。丘陵が海岸に直接落ち込むところが多く,景勝地をなす。数多い小河川が丘陵から流出し,小規模な沖積地は水田に利用されている。丘陵斜面は畑作畜産に利用され,牧場やクリ園が開かれているが,大部分は森林である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おくのときゅうりょう【奥能登丘陵】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

奥能登丘陵
おくのときゅうりょう
石川県北部、能登半島先端部の丘陵。鳳珠郡(ほうすぐん)、珠洲市、輪島市(わじまし)にまたがる。能登半島の先端部を奥能登と称し、ここに位置することから命名された。ほぼ北東―南西方向に走り、延長約60キロメートルで、能登半島で最高の高洲山(こうのすさん/こうしゅうざん)(567メートル)や宝立山(ほうりゅうざん)(469メートル)、桑塚山(くわつかやま)(408メートル)などを含む丘陵。一般には標高250~300メートルの丘陵で、北西の日本海斜面は急傾斜で、地すべり地が多い。南東の富山湾側は緩傾斜で、5段の段丘が発達し、最下段は30~50メートルの海成段丘で広く発達する。上位の段丘には準平原的な平坦(へいたん)面もみられ、段丘の主体は新第三紀中新世の地層や火山性岩石である。火山が所々に噴出し、高峰や海岸の奇岩、景勝地を形成している。コナラ、アカマツ林が多いが、放牧地、クリ園などが開かれている。樹枝状の小河川に沿い水田が発達し、斜面はスギ、アテ(アスナロ)の植林地となっている。[矢ヶ崎孝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥能登丘陵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奥能登丘陵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation