@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

奪取【ダッシュ】

デジタル大辞泉

だっ‐しゅ【奪取】
[名](スル)奪い取ること。力ずくで取ること。「政権を奪取する」「敵陣を奪取する」
[補説]書名別項。→奪取

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だっしゅ【奪取】[書名]
真保裕一の長編サスペンス。にせ札造りを扱った犯罪小説。平成6年(1994)から平成7年(1995)にかけて、複数新聞に「工房」の連載。のち加筆・改題して単行本を平成8年(1996)に刊行。同年の第10回山本周五郎賞受賞。翌年、第50回日本推理作家協会賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

奪取
真保裕一の長編小説。1996年刊行。友人借金を返すため、偽札造りに挑む主人公苦闘を描くサスペンス小説。第10回山本周五郎賞受賞。第50回日本推理作家協会賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うばい‐と・る うばひ‥【奪取】
〘他ラ五(四)〙 他人の物を無理やりに、自分の物にする。ひったくる。盗みとる。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「もろこし人、『わが国におひいづるものにも、劣らぬものかな』とてうばひとりて」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「飛車手王手がはづれたら、銀を奪取(ウバヒト)る計略だナ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だっ‐しゅ【奪取】
〘名〙 他人の物を奪い取ること。
※正法眼蔵(1231‐53)三界唯心「奪取にあらざれどもこれをえたり」
※刑法(明治四〇年)(1907)九九条「法令に因り拘禁せられたる者を奪取したる者は」 〔新唐書‐尉遅敬徳伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい‐とり ばひ‥【奪取】
〘名〙 (「ばいどり」とも) 奪い取ること。だっしゅ。
※羅葡日辞書(1595)「Missilis〈略〉テイワウ、シャウグンノ バンミンニ baidorini(バイドリニ) サセラルル モノ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい‐と・る ばひ‥【奪取】
〘他ラ四〙 無理に取る。もぎとる。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「ばくち、京わらはべ、数知らず集まりて、一の車をばひとる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奪取」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奪取の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation