@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

女形【オヤマ】

デジタル大辞泉

おやま【女形/女方/お山】
《「おやまにんぎょう」から出た語という》
歌舞伎おんながた。また、操り人女役の人形。
上方で、遊女。
「昼三とやらいふ―を買うたが」〈滑・膝栗毛・三〉
美しい女。
「今の世までも眉目(みめ)よき女を―といふも、この香具山のいはれなるべし」〈浄・会稽山
[補説]歴史的仮名遣いは、「をやま」「おやま」のいずれか未詳

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんな‐がた〔をんな‐〕【女形/女方】
歌舞伎で、女の役を演じる男の役者。また、その役柄。江戸初期に、女歌舞伎が禁止されて以後に現れた。おやま。⇔男形(おとこがた)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

女形
女方。歌舞伎特有の形式で女の役はすべて男が演じる。真っ赤な着物を着た若い姫役を赤姫という。また、芝居の中心となる男の役を立役、憎々しげな赤い化粧をした悪役を赤っ面、外見二枚目ながら色男(悪役)を演じる色悪、その逆の徹底した悪役を実悪または立敵(たてがたき)、弱な色男をつっころばしと呼ぶ。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

旺文社日本史事典 三訂版

女形
おやま
歌舞伎で女役を演ずる男優
女方」とも書き,「おんながた」とも読む。江戸初期,女歌舞伎が風紀上禁じられたため,男優のみで歌舞伎が発達し女役専門の役者を生んだ。元禄時代(1688〜1704)の芳沢あやめ,化政時代(1804〜30)の岩井半四郎(4世・5世)などが有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

女形
おやま
女方」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女形の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation