@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

女色【ジョショク】

デジタル大辞泉

じょ‐しょく〔ヂヨ‐〕【女色】
女の容色。女の色香。にょしょく。「女色に迷う」
男が女と交わす情事。いろごと。にょしょく。「女色におぼれる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にょ‐しき【女色】
じょしょく(女色)」に同じ。
「天竺の衒売(けんまい)―といったら訳るめえが」〈魯文西洋道中膝栗毛

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょ‐しき〔ヂヨ‐〕【女色】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にょ‐しょく【女色】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょしょく【女色】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じょ‐しき ヂョ‥【女色】
※浮世草子・傾城禁短気(1711)一「それ人と生れたる証には、色道を知り女色(ジョシキ)の面白きといふ事を悟るべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょ‐しょく ヂョ‥【女色】
〘名〙
① 女性のかおかたち。婦人の魅力。女の色香。じょしき。にょしき。
※撰集抄(1250頃)九「いま心をかけおもひをつくすぢょしょく、しらず、すぎし世の父母にや侍らん。しからば、たよりなかるべし」
※浮世草子・武道伝来記(1687)六「其あてやかなる美形此年月国々にさまよひ目にかかる程の女色(ヂョショク)、是にならぶべきなし」
② 女との情事。いろごと。じょしき。にょしき。
※史記抄(1477)一一「欲が深て女色を好むものぢゃぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にょ‐しき【女色】
〘名〙 女のすがたかたち。女の魅力。女の色香。また、女との情事。じょしょく。にょしょく。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)五「女色(ニョシキ)(〈注〉ヲンナノイロ)を衒売(くゑんまい)(〈注〉てらいうる)する」 〔菩薩訶色欲法経〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にょ‐しょく【女色】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation