@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

好塩細菌【こうえんさいきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

好塩細菌
こうえんさいきん
halophilic bacteria
濃度食塩 NaCl中で成育できる細菌総称。高 NaClを必須条件とする細菌もあるが (Micrococcus halodenitrificans. Halobacterium halobium) ,高濃度ではなくても成育できるものもあり,これらはの好塩性と区別して耐塩性といわれる。成育する NaCl濃度は,1molから飽和濃度近くにまで及ぶ。好塩細菌のもつ酵素のあるものは,高い食塩濃度中でのみ十分な活性を示す。好塩細菌は海産物や塩蔵食品の変質の原因となることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

好塩細菌
 2%以上という食塩の高濃度の状態で最も発育のよい細菌で,耐塩菌とは区別される.Vibrio属,Pseudomonas属,Achromobacter属,Halobacterium属などにある.食中毒の原因となる場合もあり,また塩蔵品発酵に寄与する場合もある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

好塩細菌
こうえんさいきん
halophilic bacteria
一般に塩類を好む細菌をいうが、厳密には生理学的な食塩濃度(約0.85%)以上の濃度に耐え、よく生育する細菌。海洋性の細菌では、生育のために約3%の食塩を必要とするが、それ以上の高濃度でも、その反対に食塩をまったく含まない培養基にも生育しない。また、これらの細菌は、塩耐性によって、非好塩菌、海水細菌、中等度好塩細菌、高度好塩細菌などに類別される場合もある。[曽根田正己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうえん‐さいきん〔カウエン‐〕【好塩細菌】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

好塩細菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

好塩細菌の関連情報

関連キーワード

イオン交換樹脂味覚塩素分子量ボルン-ハーバーのサイクル好塩菌食塩包晶塩安ソーダ法巨大分子

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation