@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

好色【コウショク】

デジタル大辞泉

こう‐しょく〔カウ‐〕【好色】
[名・形動]
色事の好きなこと。また、そのさま。色好み。「好色な顔つき」
美しい容色。また、美人。
「李夫人は―の、花のよそほひ衰へて」〈謡・花筐
色好みの女。また、遊女。
「虎と云へる―の住みける所となん」〈廻国雑記〉
[派生]こうしょくさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐しょく カウ‥【好色】
〘名〙
① 美しい容色。美貌。また、その人。美人。
※明衡往来(11C中か)上末「就中貴下才能過人。好色有聞。可席上之珍歟」 〔大学〕
② (形動) 色事を好むこと。異性との情事を好むさま。いろごのみ。
※古今(905‐914)真名序「至好色之家、以此為花鳥之使、乞食之客、以此為活計之謀
※雑談集(1305)九「好色(カウショク)(〈注〉イロコノミ)の者には、女人の形と成て」 〔論語‐子罕〕
③ 容色を売る女子。特に遊女などをさしていう。
※承久記(1240頃か)上「判官年比馴遊びける好色白拍子、其外志深き男女の類招寄せて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

好色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

好色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation