@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

如意宝珠【にょいほうしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

如意宝珠
にょいほうしゅ
cintāmaṇi
神秘的な宝玉の名。欲するがままに種々の宝物をつくりだすといわれ,一説竜王の脳の中にあり,これを手に入れると,多くの財宝が得られるだけでなく,にもおかされず,火にも焼かれないという。如意輪観音地蔵菩薩などがこの宝珠を手に持ってそのを表わしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にょい‐ほうじゅ【如意宝珠】
意のごとく願望を成就させてくれるという宝珠。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

にょいほうじゅ【如意宝珠】
すべての物事を思うとおりにかなえてくれるという珠。摩尼まに。摩尼宝珠。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

如意宝珠
にょいほうじゅ
思いどおりに宝を出すといわれる珠のこと。サンスクリット語のチンターマニcintmaiの訳。如意宝、如意珠ともいう。いかなる願望も成就し、意のままに、宝や衣服、飲食を出し、病気や苦悩をいやしてくれるまさに空想上の宝珠であり、また悪を除去し、濁った水を清らかにし、災禍を防ぐ功徳(くどく)があると信じられている。如意輪観音(にょいりんかんのん)、馬頭(ばとう)観音、地蔵菩薩(じぞうぼさつ)などの持物(じもつ)とされる。とくに真言(しんごん)宗などの密教で重んじられる。[阿部慈園]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にょい‐ほうじゅ【如意宝珠】
〘名〙 (「にょいほうしゅ」とも)
① (cintāmaṇi の訳語) 仏語。一切の願いが自分の意の如くかなうという不思議な宝のたまの意で、民衆の願かけに対し、それを成就させてくれる仏の徳の象徴。如意宝。如意珠。如意の珠。
※百練抄‐延久三年(1071)一〇月二六日「云。今日有夢想。〈略〉前相国被如意宝珠、其形如鶏卵。」 〔禅秘要法経‐下〕
② ①をかたどった槍の鞘。
※浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)鑓じるし「黒熊の如意宝珠かごはわぬけにかくの棒」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

如意宝珠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

如意宝珠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation