@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

如来唄【ニョライバイ】

デジタル大辞泉

にょらい‐ばい【如来唄】
如来をたたえた勝鬘経(しょうまんぎょう)の8句の(げ)を梵唄(ぼんばい)の調子で歌うもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にょらいばい【如来唄】
声明曲(しようみようきよく)の曲名。〈(ばい)〉の一種。〈如来妙色身……〉という詞章なのでこの名がある。広く諸宗派で用い,同一宗派で2種の曲節をもつ例も多い。その場合,1種は字音を長く引き伸ばしながらユリなどのフシ(節)を重ねていく曲節であり,1種は比較的簡単な曲節で短く唱える。前者は,法要の初めに身心を静める意味で唱えるもので,職衆(しきしゆう)中の上席者である唄師が荘重に独唱する。後者導師が《三礼文(さんらいもん)》に引き続いて唱えることが多く,職衆が斉唱で呼応する宗派もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にょらいばい【如来唄】
梵唄ぼんばいの調子で唄う、仏の徳をたたえる内容の八句の偈。出典は勝鬘経しようまんぎよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にょらい‐ばい【如来唄】
〘名〙 如来の勝れた色身をたたえた勝鬘経の八句の偈(げ)をいう。諸宗により異同があるが、総じて梵唄(ぼんばい)に用いる。
※太平記(14C後)一一「延暦寺の中堂供養の日は、〈略〉風(ほのか)に如来唄(ニョライハイ)を引給しかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

如来唄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

如来唄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation