@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

妙喜庵【みょうきあん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

妙喜庵
みょうきあん
京都府大山崎町にある臨済宗東福寺派の寺。俳人山崎宗鑑室町時代に結んだ草庵を,のちに禅寺に改めたものといわれる。国宝茶室待庵は,豊臣秀吉千利休につくらせたものと伝えられ,桃山時代の千流茶室の典型。茶室 (2畳) ,次の間 (1畳板畳付) ,勝手の間により構成され,切妻造 (きりづまづくり) ,柿 (こけら) ぶき竿縁 (さおぶち) 天井がみられる。なお待書院,明月堂に付加されたもので,書院は室町末期の風雅を残す傑作として,重要文化財に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みょうき‐あん〔メウキ‐〕【妙喜庵】
京都府乙訓(おとくに)郡大山崎町にある臨済宗東福寺派の寺。山号は、豊興山。明応年間(1492~1501)ごろ、山崎宗鑑が結んだ待月庵が、のち、禅院となったもの。豊臣秀吉千利休に建てさせたと伝えられる茶室、待庵(たいあん)は国宝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みょうきあん【妙喜庵】
京都府下山崎の天王山のふもとにあり,臨済宗東福寺の末で豊興山と号する。開創は,明応年間(1492‐1501)とも文明年間(1469‐87)とも伝えられる。連歌師山崎宗鑑の草庵を寺にしたともいうが,確かでない。室町時代,文明年間の書院(重要文化財)と千利休作と伝える茶室待庵(国宝)があることで知られる。3世住職功叔(?‐1594)は茶人として知られ,の茶人津田宗及らを招いて茶会を開いていた。彼はまた利休と親交があり,山崎に屋敷を持っていた利休はたびたび妙喜庵を訪れ,功叔あての利休書状も十数通残されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

家とインテリアの用語がわかる辞典

みょうきあん【妙喜庵】
京都府乙訓(おとくに)郡大山崎町にある臨済宗東福寺派の寺。明応年間(1492~1501)に春嶽士芳(しゅんがくしほう)の開創と伝わる。境内千利休(せんのりきゅう)の茶室として名高い国宝の待庵(たいあん)がある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

妙喜庵
みょうきあん

京都府乙訓(おとくに)郡大山崎町にある禅寺。臨済宗東福寺派に属し、豊興山と号す。明応(めいおう)年間(1492~1501)春嶽士芳(しゅんがくしほう)の開創と伝えられる。士芳は、天王山南麓(なんろく)にあった東福寺末地蔵(じぞう)寺の僧で、当時付近には同寺の塔頭(たっちゅう)が多数あり、妙喜庵もその一つとして創立されたとみられる。連歌(れんが)師山崎宗鑑(そうかん)が当庵に身を寄せたのはこれより後のことであろう。文明(ぶんめい)年間(1469~87)開創とも伝えられるが不詳。3世功叔士紡(こうしゅくしぼう)は茶人として知られ、津田宗及(そうきゅう)、千利休(せんのりきゅう)ら堺(さかい)の茶人と親交があった。1582年(天正10)6月の山崎合戦のあと、豊臣(とよとみ)秀吉は天王山に築城、妙喜庵は城下の「会所」として接客に用いられている。江戸時代の妙喜庵は、離宮八幡宮(りきゅうはちまんぐう)の社領内に4石余と円明寺村に44石を領していたが、幕末には衰微し、また明治に入っては、鉄道の敷設や駅舎の建設に伴い、寺地を削られた。書院は文明年間の建築で国の重要文化財、茶室待庵(たいあん)は国宝に指定されている。

[日向 進]

『吉川一郎著『大山崎史叢考』(1953・創元社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みょうき‐あん メウキ‥【妙喜庵】
京都府乙訓(おとくに)郡大山崎町にある臨済宗東福寺派の寺。山号は豊興山。明応年間(一四九二‐一五〇一)春嶽士芳が創建。もと山崎宗鑑の庵室で、天正一〇年(一五八二)豊臣秀吉が千利休、津田宗及、今井宗久らと茶会を催した。利休の趣向で造られた茶室待庵(たいあん)は国宝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妙喜庵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

妙喜庵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation