@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

妙覚寺【ミョウカクジ】

デジタル大辞泉

みょうかく‐じ〔メウカク‐〕【妙覚寺】
京都市上京区にある日蓮宗の寺。山号は、具足山。開創天授4=永和4年(1378)。開山は日実。開基は小野妙覚。四条大宮の妙覚の邸宅を寺としたのが始まりで、天正11年(1583)在地に移転。近世初頭には不受不施派の拠点となった。
岡山市御津金川(みつかながわ)にある日蓮宗不受不施派本山。山号は、竜華山。幕末以来、不受不施再興運動を続けてきた日正が、明治9年(1876)日像を開山として建立したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みょうかくじ【妙覚寺】
(1)京都市上京区にある日蓮宗の寺。具足山と号し,京都日蓮宗16本山の一つ。妙顕寺から分かれた日実が,1378年(天授4∥永和4)創建絵師狩野,彫金の後藤,製陶の楽(らく)など有力町衆信徒を獲得して近世に至った。寺地洛中を転々としたが,1583年(天正11)豊臣秀吉の洛中整理で現地に移った。寺地の広さは洛中では東寺・相国寺・妙顕寺につぎ,地方末寺も多く,寺勢の強大さが知れる。江戸初期,住持日奥が幕府の弾圧にも屈せず不受不施の宗義を説き,受不施派の身延山と対立,1630年(寛永7)の身池対論(しんちたいろん)まで不受不施派の拠点となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みょうかくじ【妙覚寺】
京都市上京区にある日蓮宗の寺。山号、具足山。1378年日実の開基。日奥が出て不受不施派の根拠地となった。
岡山県岡山市御津にある日蓮宗不受不施派の本山。山号、竜華山。1309年日像の開基。中祖の日奥の時、不受不施主義を主張、徳川幕府によって弾圧された。1876年(明治9)、再興された本派の祖山となった。
千葉県勝浦市興津にある日蓮宗の寺。山号、広栄山。1264年佐久間重貞の建立。開山は日蓮。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みょうかく‐じ メウカク‥【妙覚寺】
[一] 千葉県勝浦市興津にある日蓮宗の寺。同宗由緒寺院(本山)。山号は広栄山。文永元年(一二六四)領主佐久間重貞が創建。開山は日蓮。二世開山は重貞の子日保(にほ)
[二] 京都市上京区下清蔵口町にある日蓮宗の寺。山号は北龍華具足山。永和四年(一三七八)日実が小野妙覚の外護(げご)で開創。洛内法華宗十六本山の一つ。二世日成以降、不受不施を主張して身延山と対立、幕府の弾圧をうけた。寛永七年(一六三〇)まで不受不施派の拠点であったが、日奥没後、身延の日乾が入山して受施派に転じた。
[三] 岡山県岡山市御津金川にある日蓮宗不受不施派の本山。山号は龍華山。江戸時代布教を禁止され、拠点の京都妙覚寺を追われた不受不施派が明治九年(一八七六)再興を許されたのを機に日像を開山、日奥を中興の祖として釈日正が建立。はじめ龍華教院と称し、同一五年現山寺号になる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妙覚寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

妙覚寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation