@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

妲己【だっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

妲己
だっき
Da-ji; Ta-chi
中国,紂王の寵。有蘇氏を討って妲己を得た。王は彼女のいうことは何でもかなえてやり,淫声の楽を作らせ,賦課を重くして,酒池肉林にふけり,長夜を催し,また炮烙 (ほうらく) のを行なって妲己を喜ばせたという。中国古代の悪女伝説の一つ。武王に滅ぼされたとき,紂王とともに殺されたという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だっ‐き【妲己/妲妃】
「妲」は字(あざな)。「己」は姓。中国、殷(いん)紂王(ちゅうおう)の寵妃(ちょうひ)。淫楽・残忍を極め、王とともに武王に殺害された。
性悪で人に害を与える女。「―のお百

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だっき【妲己 Dá jǐ】
殷の(ちゆう)王の妃。生没年不詳。有蘇(ゆうそ)氏の出身。紂王は彼女を寵愛したために殷王朝を滅ぼしたとされる。紂王が〈婦人〉の言葉に聴き従って政治をあやまっているという非難はすでに《書経》に見え,《国語》には,夏の妹喜(ばつき),周の褒姒(ほうじ)とならんで,亡国の美人として妲己の名が見える。彼女の毒婦ぶりは後世,物語として発展するが,その代表が明の小説《封神演義》である。それによれば,有蘇氏の女(むすめ)にのりうつった九尾狐(きゆうびこ)が紂人の妃に入れられて寵愛を集め,彼女の言葉によって,紂王は炮烙(ほうらく)の刑などで善良な多くの臣下たちを殺す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

妲己
だっき

生没年不詳。中国、殷(いん)代最後の紂王(ちゅうおう)(前11世紀)の妃(きさき)、有蘇(ゆうそ)の娘。己(き)は父の姓、妲(だつ)は字(あざな)。紂王は機敏で賢く、猛獣を素手で倒すほどの腕力があったが、一方で酒と女が人一倍好きだったので妲己をたいそう寵愛(ちょうあい)した。彼女の言にはなんでも従い、民に重税を課してまで贅(ぜい)を尽くした。宮殿内の庭園には野獣を放ち、池には酒をたたえ、肉で林をつくり(酒池肉林)、男女を駆け巡らせて長夜の宴を開くほどであった。やがてこれに反発した諸侯を率いた周の武王に紂王とともに殺され、殷の滅亡を招いた。

[鶴間和幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妲己」の用語解説はコトバンクが提供しています。

妲己の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation