@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

妻沼【めぬま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

妻沼
めぬま
埼玉県北部,熊谷市北部の旧町域。利根川中流域にある。 1913年町制。 1955年秦村,長井村,男沼村,太田村の4村と合体。 2005年熊谷市,大里町と合体して熊谷市となった。微高地が発達する北部には畑地が多く,南部は水田地帯。中心地区の妻沼は利根川の渡河地点で,中山道と上州 (群馬県) 南部とを結ぶ脇往還宿駅として発展。5と 10の日に市が開く市場町であった。電機,食品などの工場が立地し,周辺部では野菜栽培,酪農が行なわれ,特にネギ,ニンジン,ヤマトイモなどが県内屈指の生産量を誇る。大部分が利根川の右岸にあり,北部の小島地区のみ左岸に位置する。名刹歓喜院長楽寺は平安時代末期に建立され,聖天堂と貴惣門,本尊錫杖は国の重要文化財に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

妻沼
めぬま
埼玉県北部、大里郡(おおさとぐん)にあった旧町名(妻沼町(まち))。現在は熊谷市(くまがやし)北部を占める地域。旧妻沼町は1913年(大正2)町制施行。1955年(昭和30)男沼(おぬま)、秦(はた)、長井、太田(おおた)の4村と合併。2005年(平成17)熊谷市に合併。妻沼の地名は近世、当地方の中心であった女沼(めぬま)(妻沼)に由来する。旧町域は利根(とね)川右岸の沖積低地の扇状地から氾濫(はんらん)原に移り変わる付近に位置し、自然堤防や曲流跡が発達する。国道407号が通じる。江戸時代は中山道(なかせんどう)の熊谷宿と上州を結ぶ脇往還の利根川の渡舟場であり、河岸(かし)場としてもにぎわい、5、10の日には市(いち)が立った。また聖天(しょうてん)山歓喜院(かんぎいん)の門前町としても栄えた。備前堀(びぜんぼり)沿いに肥沃(ひよく)な低地が広がり、米作のほか、ニンジン、ネギ、キュウリなど蔬菜(そさい)が特産である。工業団地が造成され、工業の発展もみられる。近くの利根川河川敷にグライダー滑空場がある。歓喜院の聖天堂は国宝、貴惣門、錫杖(しゃくじょう)は国指定重要文化財。[中山正民]
『『妻沼町誌』(1977・妻沼町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妻沼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

妻沼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation