@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

妻籠【つまご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

妻籠
つまご
長野県南西部,木曾谷南部,木曾川左岸の支流 (あららぎ) 川の谷にある小集落。南木曽町に属する。近世中山道宿場町で,1971年町役場が中心となって,電柱を取除き,民家 26戸を改修するなどして,宿場景観を復元した。中央には郷土館があり,島崎藤村の小説『夜明け前』ゆかりの家もある。南方馬籠 (まごめ) を経て馬籠に向う旧中山道は,自然遊歩道として保存されている。蘭川上流域には檜笠の製造で知られる蘭や,木地屋集落漆畑がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つまご【妻籠】
長野県南西部、木曽郡南木曽(なぎそ)町の地名。近世は中山道三留野(みどの)と馬籠(まごめ)の間の宿駅。当時の町並みの保存・復元が行われている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つまご【妻籠】
信濃国筑摩郡(長野県木曾郡)の中山道の宿場町。現在,南木曾(なぎそ)町に属する。木曾谷の南端に位置し,中世は木曾氏が伊那谷と東美濃への押えとして妻籠城を築いていた。1584年(天正12)小牧長久手の戦で豊臣方に味方した木曾氏が妻籠城を守り,徳川方の信濃勢を拒んでいる。1601年(慶長6)宿駅に指定された。町の長さ2町30間,家数83軒,木曾路では馬籠(まごめ)の次に小規模な宿場であった。宿場町保存で知られ,伝統的建造物群保存地区に指定されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

妻籠
つまご

長野県南西部、木曽(きそ)郡南木曽町(なぎそまち)の一地区。中山道(なかせんどう)の木曽十一宿の一つで、岐阜県側からは馬籠(まごめ)に次ぐ二番目の宿にあたる。JR中央線の敷設でさびれたが、1971年(昭和46)からの地元の保存運動により宿場町が復原され、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。電柱などは撤去され、脇(わき)本陣は奥谷郷土館となっている。馬籠峠を越えて馬籠宿へ至る信濃路(しなのじ)自然歩道が整備されている。

[小林寛義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

妻籠
(長野県木曽郡南木曽町)
中山道六十九次」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つまご【妻籠】
長野県南西部、南木曾町吾妻の通称。江戸時代、中山道(木曾路)三富野(みどの)と馬籠(まごめ)との間にあった宿駅。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妻籠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

妻籠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation