@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

姉川【あねがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

姉川
あねがわ
滋賀県北東部の上流梓川ともいう。全長 31km。伊吹山地北部の新穂山付近にを発し,伊吹山の西の谷を南流し,谷口扇状地を形成して流路を西に転じる。途中で草野川,高時川を合流して沖積地をつくり,琵琶湖に注ぐ。上流は深雪地帯で,林産地。下流は水田地帯。旧河道にあたる長浜市では湧水が豊富で,縮緬工業の立地要因をなす。中流沿岸には元亀1 (1570) 年の姉川の戦い古戦場跡がある。河口のアユ漁は有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あね‐がわ〔‐がは〕【姉川】
滋賀県北東部を流れる川。伊吹山に源を発し、草野川・高時川と合流、琵琶湖(びわこ)へ注ぐ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あねがわ【姉川】
滋賀県北部の川。伊吹山地の新穂(しんぽ)山(1067m)付近に源を発し,伊吹山の西麓を南流して谷口の伊吹町付近で西に方向を転じ,草野川,高時川の支流を合わせて琵琶湖北東岸に注ぐ。幹川流路延長36.5km,全流域面積371.4km2。上流部は積雪2mをこえる深雪地域で,最奥の伊吹町甲津原は平家の落人集落といわれる秘境であったが,近年,奥伊吹青少年旅行村が開設され,キャンプ場に変貌しつつある。中・下流部は滋賀県最大の養蚕地帯で,堤防の内外に桑園が多く,河口はアユ漁で知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

姉川
あねがわ

滋賀県北東部を南流して琵琶湖(びわこ)に注ぐ川。岐阜県境の新穂(しんほ)峠に源を発し、米原(まいばら)市北部をほぼ直線状に南下したのち西に方向を転じ高時川をあわせ、長浜市(ながはまし)南浜付近で琵琶湖に注ぐ。延長約40キロメートル、流域面積約685平方キロメートル。古くから荒れ川として知られ、姉川扇状地には4条の旧河道と思われる河川もみられる。上流部は深雪地で林業地帯、中流域の長浜市野村は姉川の戦いの地。河口の南浜は近世に水運で栄えた。2002年(平成14)上流の米原市曲谷(まがだに)に姉川ダムが完成、ダムによって白龍湖が出現している。

[高橋誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

姉川
(滋賀県米原市ほか)
湖国百選 水編指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あね‐がわ ‥がは【姉川】
滋賀県琵琶湖東岸に注ぐ川。伊吹山地を源とし、高時川を合わせて養蚕地帯の三角州をつくる。元亀元年(一五七〇)姉川の戦いの古戦場。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姉川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

姉川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation