@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

姉帯城【あねたいじょう】

日本の城がわかる事典

あねたいじょう【姉帯城】
岩手県二戸郡一戸町にあった中世山城(やまじろ)。南部氏の一族の姉帯氏の居城。姉帯の集落の南東約1kmの山中にあり、2つの郭とそれを隔てる空堀や土塁の跡が残っている。姉帯氏は1591年(天正19)の九戸政実(くのへまさざね)の乱で、血縁関係にあった九戸氏の側につき、三戸南部氏や奥州仕置の豊臣秀吉の軍勢に敵対した。同年9月1日、姉帯城主の姉帯大学兼興は、一族郎党と近隣の諸豪族200名あまりで城に立て籠もって蒲生氏郷(がもううじさと)を総大将とする豊臣勢2万8000人を迎え撃ち、凄絶な戦闘の後、兼興はじめ大半の将兵が討ち死にし、姉帯城は落城した。その後、一戸南部氏の一族の野田氏が入城したが、翌1592年(天正20)に城は却された。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姉帯城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

姉帯城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation