@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

委託【イタク】

デジタル大辞泉

い‐たく〔ヰ‐〕【委託/委×托】
[名](スル)
ゆだね任せること。人に頼んで代わりにやってもらうこと。「販売を業者に―する」
契約などの法律行為やその他の事務処理を他人に依頼すること。
客から取引所の取引員に注文を出すこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いたく【委託】
私法上は,契約に基づいて一定の行為などを他人に依頼することをいう。委託者と受託者の信頼関係に基づくものである。法律行為や事務の処理を委託する契約を委任といい,物の保管を委託する契約を寄託という。そのほか,請負信託問屋仲立運送なども委託に基づいて成立する契約である。行政法上は,国または公共団体が一定の行政事務を公共団体,機関または私人に依頼して行わせることをいう。この場合の行政を委任行政という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いたく【委託】
スル
自分の代わりを人や機関に頼みゆだねること。 業務を-する
法律行為または事実行為(事務)などを他人または他の機関に依頼すること。
取引で、客が商品仲買人または証券業者に売買を依頼すること。 同音語の依託は物事を他人にたのみまかせることであるが、それに対して委託は法律分野でよく用いる語で、事務・取引・業務などを他人や外部にまかせることをいう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

委託
いたく
資金を預けてその運営を頼んだり、荷物の運送を頼むなど、他人を信頼してある行為を依頼すること。委託は、委託者と受託者との間に信任関係を生じさせ、一定の法律関係の基礎をなすものといえるが、法律的に定まった内容をもつ概念ではなく、その内容により、委任、寄託、請負、問屋、運送、信託などの法律関係を生じさせる。委託を受けた者は、委託の趣旨に従って自己の裁量で事務を処理する。[高橋康之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

委託」の用語解説はコトバンクが提供しています。

委託の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation