@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

姚文元【ようぶんげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

姚文元
ようぶんげん
Yao Wen-yuan
[生]1931. 浙江,諸曁
[没]2005.12.23. 上海?
元中国共産党中央政治局委員,文芸評論家。左翼作家連盟のメンバーであった姚蓬子の子といわれるが,詳しい経歴は不明。文化大革命以前はジャーナリスト,上海作家協会理事。 1965年 11月文革の口火を切ることになった論文「新編歴史劇『海瑞罷官』を評す」を発表して四人組一員となった。 1966年以降中央文革小組員として文革を指導。 1969年の共産党九全大会で中央政治局委員,1971年上海市党委員会書記。『魯迅論』などの評論も多いが,文芸評論家としてよりも文革の理論的指導者として広く知られた。 1973年8月の十全大会で中央政治局委員に再選。 1976年 10月逮捕され,1977年7月の 10期三中全会で反党集団として断罪され,党籍の永久剥奪,党内外のすべての職務解任を決議された。 1981年1月,「林彪江青反革命集団」裁判で懲役 20年の判決を受けた。 1996年に釈放されて上海に戻った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようぶんげん【姚文元】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

姚文元
ようぶんげん / ヤオウェンユアン
(1931―2005)

中国の政治家。浙江(せっこう/チョーチヤン)省諸曁(しょき/チューチー)県に生まれる。父は左翼作家連盟のメンバーであった姚蓬子(ようほうし/ヤオポンツー)。上海(シャンハイ)の復旦(ふくたん/フタン)大学卒業後、延安(えんあん/イエンアン)に赴き、1948年中国共産党入党。上海で『文芸報』通信員、上海の新民主主義青年団幹部などになる。1956年ごろから文芸評論で活動、『魯迅(ろじん/ルーシュン)――中国文化革命の巨人』(1959)、『文芸思想論争集』(1964)などの著作を出す。1965年11月、呉晗(ごがん/ウーハン)の作品を批判した論文「新編歴史劇『海瑞罷官(かいずいひかん)』を評す」を上海の『文滙報(ぶんわいほう)』に発表、文化大革命の直接の契機となった。1966年北京(ペキン)で中央文革小組に参加、文革の理論・宣伝面での指導者となり、周揚(しゅうよう/チョウヤン)、陶鋳(とうちゅう/タオチュー)らを批判する論文を発表した。1969年党政治局員となったが、1976年「四人組」の一人として逮捕され、1981年、20年の刑を宣告された。1996年10月釈放。

[安藤彦太郎]

『片山智行訳『魯迅――中国文化革命の巨人』(1975・潮出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姚文元」の用語解説はコトバンクが提供しています。

姚文元の関連情報

関連キーワード

ラムサール条約清水宏成瀬巳喜男斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ日本のラムサール条約登録湿地稲垣浩[各個指定]芸能部門

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation